MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

「プロゴルファー誕生100周年記念・ISPS HANDA コロナに喝!シニアトーナメント」もチャリティー大会に

日本女子ゴルフツアー2戦目となるNEC軽井沢72では、ジャンボ尾崎に師事する笹生優花選手が、 プロ転向国内ツアー2戦目にして早くも優勝しました。レギュラーツアーではありませんが、8月初旬に行われた「ISPSハンダ・医療従事者応援!!チャリティレディース」でも、最後まで優勝を争い2位でしたよね。

渋野日向子選手ら1998年生まれの黄金世代、 古江彩佳、安田祐香選手ら2000年生まれのプラチナ世代に続く、21世紀生まれのミレニアム世代の筆頭に躍り出た感じですね。

もともと米国ツアー志向のようで、今年からジョージア大学に入学する予定だったそうです。しかし、昨年末日本のプロテストに合格したため、大学進学をとりやめて、日本のプロゴルフツアーへの参戦を決めたそうです。

来年の東京オリンピックでは、フィリピン代表として出場を目指し、その後は日本国籍を取得するそうです。お父さんが日本人、お母さんがフィリピン人なんですね。日本語と英語とフィリピン語が話せるそうです。

https://www.instagram.com/p/CD8XzfMlkLu/

日本語も上手ですね。実は、今年初めに、オーストラリアで開催された国際スポーツ振興協会の冠大会2試合にも出場していました。2試合とも米国女子ツアーになりますが、「ISPS ハンダ VIC オープン」では予選落ちしたものの、「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」では、大会主催者の半田晴久(深見東州さん)会長の推薦で出場した原英莉花選手とともに25位でした。

同じジャンボ尾崎門下生なので、おそらく笹生優花選手も、スポンサー推薦での出場だった可能性が高いですね。ジャンボ尾崎プロは国際スポーツ振興協会のアンバサダーになっていますからね。

オーストラリアの2試合は、河本結選手と山口すず夏選手も、半田晴久会長のもとを訪れ、推薦を受けていたことをゴルフ雑誌で知りました。後に米国LPGA ツアーQTランキングからでも出場できることになったそうですけどね。

世界を目指す選手は、河本選手や笹生選手のように、世界ツアーに出場する機会を逃さず出ているように思います。笹生優花選手は、米国ツアー2戦を戦い抜いたことや、アマチュア時代から世界を転戦していたことも、若くして実力が発揮できる要因のような気がしますね。

今後、世界で活躍が期待できそうな日本選手が、また一人増えましたね。

ところで8月21日から、今シーズン日本男子シニアゴルフツアー2戦目となる、「プロゴルファー誕生100周年記念・ISPS HANDA コロナに喝!シニアトーナメント」が、群馬県の赤城ゴルフ倶楽部で開催されます。

シニアの部は賞金総額5000万円、優勝賞金1000万円。スーパーシニアは賞金総額500万円、優勝賞金100万円の大会です。この大会もチャリティトーナメントとして、賞金の一部(5%)を社会福祉活動を支援するために寄付するそうです。

今回も、前回に引き続きギャラリーを入れての開催になるそうです。ただ感染拡大が続いてますから、おそらく前回以上に、より綿密な対策を行った上での開催になるかと思われます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる