TAG

世界芸術文化振興協会

  • 2018年10月19日
  • 2019年12月3日

日本の伝統芸能を世界に、世界芸術文化振興協会(半田晴久会長)の取り組み

先月の23日に、世界芸術文化振興協会(半田晴久会長)主催により、東京大薪能が新宿の都庁広場で開催されました。 お能は日本の伝統芸能ですけど、ふだんほとんどお能を見ることは無いので、たまには日本文化の素晴らしい舞台を見るのもいいなと思いました。 それでも、これまで何度かお能を見てますけど、なかなかお能 […]

  • 2018年8月23日
  • 2019年12月3日

第19回 高校生国際美術展は素敵な作品が多数展示

先週、世界芸術文化振興協会 (=半田晴久会長) 主催の高校生国際美術展を見るために、新国立美術館に行ってきました。 その日は同じ新国立美術館で開催中のルーヴル美術館展と、東京国立博物館で開催中の縄文展と、朝から3つを鑑賞するという強行軍で、美術品三昧の1日になりました。 高校生国際美術展は、すでに会 […]

  • 2017年5月6日
  • 2019年12月3日

第18回高校生国際美術展(=世界芸術文化振興協会主催)作品募集がスタート

2017年度の高校生国際美術展の作品募集のお知らせが、世界芸術文化振興協会(=半田晴久会長)のホームページに掲載されていました。 毎年日本や世界の高校生の作品が集まる、高校生に絞った美術展としては、今や国内最大級と言われていますね。 出品される作品も、とてもレベルが高くて驚かされます。そして、荒削り […]

  • 2016年10月9日
  • 2019年12月4日

たちばな出版エンターテイメントパラダイスで、IFACオペラ放送中

昨日は、午前中に深見東州さん主演のオペラ「リゴレット」を視聴しました。こちらは、FOXTVと契約してなくても見ることができます。その代わり、FOXTVの入会キャンペーンのお知らせ字幕が左下にずっと出ますけどね。 現在、月替わりで深見東州さんが出演しているIFACオペラが上演されていて、6月は「ドン・ […]

  • 2016年7月15日
  • 2019年12月4日

IFAC HANDA Hamptons Festival of the Arts が、ニューヨークで開催

IFAC ハンダ ハンプトンズ・フエスティバルという芸術イベントがニューヨークで開催されるようです。8月13日にルネ・フレミングとルーファス・ウェインライトがリサイタルを行い、14日は、バンジャミン・ミルピエがダンスパフォーマンスを行うようです。 世界芸術文化振興協会のホームページに、2015年にル […]

  • 2016年2月25日
  • 2019年12月4日

高校生国際美術展は美術を目指す高校生の登竜門

深見東州さんが会長を務める世界芸術文化振興協会が主催する美術展に、高校生国際美術展と風車の書画展というものがあります。 高校生国際美術展は、去年の7月に初めて見に行きました。とっても皆さん上手い絵を描いてます。本当に高校生が描いたのかなと思うような絵がたくさんありました。書もすばらいしものばかりでし […]

  • 2013年3月5日
  • 2019年4月6日

オペラ「ナブッコ」我が愛する地球よ!

9月24日と26日の2日間、世界芸術文化振興協会(IFAC)主催、オペラ「『ナブッコ』・我が愛する地球よ!」の公演が行われました。今回のオペラは、タイトルロールの深見東州さん以外のソリストは全員西欧人でした。しかも世界のトップレベルのソリストばかりです。またオーケストラも、指揮者も、稽古ピアノも、西 […]

  • 2013年3月4日
  • 2019年4月6日

オペラ ゼウスの化身 怪人ドン・ジョバンニ

このIFACオペラでは、伝説のドン・ファンであるドン・ジョヴァンニを、ギリシャ神話のゼウスの化身に設定しました。さらに時代や国や空間も、ギリシャから日本の戦国時代、現代の秋葉原、東京タワーなど、次々に超えてドラマが展開します。 第一幕 【シーン1】乱世の世 騎士長とドンナ・アンナの住む館   […]

  • 2013年3月2日
  • 2019年4月6日

オペラ「大江戸版 好色男のファルスタッフ」(2008年版)

  第一幕 第一場 ファルスタッフが常宿にしている 旅籠屋ガーター亭。 左からファルスタッフ(深見東州さん)、バルドルフォ、ピストラが、2通の手紙を書き終えて、酒を飲んでいる。 そこへ、日ごろからファルスタッフをよく思っていない医師カイウス登場します。ファルスタッフの従者、バルドルフォとピ […]

  • 2013年3月1日
  • 2019年4月6日

オペラ 「大江戸版 好色男のファルスタッフ」

  第一幕 第一場 ファルスタッフが常宿にしている 旅籠屋ガーター亭 左からバルドルフォ、ファルスタッフ(深見東州)、ピストラ。ファルスタッフが、2通の手紙を書き終えて、従者のバルドルフォとピストラとともに、酒を飲むシーン。 そこへ、日ごろからファルスタッフをよく思っていない医師カイウス登 […]

  • 2013年2月28日
  • 2019年4月6日

オペラ「リゴレット in ジャパン」

  G・ヴェルディ作曲「リゴレット」の舞台設定を、日本文化に置き換えた「リゴレット in ジャパン」が上演されました。 深見東州さんのアイディアで、リゴレットは公爵に仕える宮廷道化師から、武家に仕える狂言師〈詈業劣徒(リゴレット)〉という設定におきかえられ、深見東州さんが演じました。 &n […]

  • 2013年2月27日
  • 2019年4月6日

オペラ「雛祭りのフィガロの結婚」

第1幕 アルマヴィーヴァ伯爵邸 フィガロとスザンナは窮地の婚礼の日の朝。二人の新しい部屋。 フィガロ+スザンナ 二重唱 フィガロ(深見東州さん)は、寝具を置くために鼻歌まじりで部屋の寸法を計っています。スザンナ(大貫裕子さん)は、髪飾りを誰よりも早くフィガロに見せようとしますが、フィガロは、この部屋 […]

  • 2013年2月26日
  • 2019年4月6日

オペラ「大正時代のボエーム」

プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」(放浪する芸術家の友情と愛を描いたオペラ)の舞台設定を、日本の大正時代に置き換えた「オペラ 大正時代のボエーム」で、深見東州さんはマルチェッロ役を演じました。 第1幕  大正10年頃の谷中付近の下宿屋、クリスマス・イブの午後 【あらすじ】 自らを「四銃士」と名乗る、詩人 […]

  • 2013年2月24日
  • 2019年4月6日

オペラ「元禄のトラヴィアータ」(ヴェルディ作曲『椿姫』)

深見東州さんの、これが初めての、イタリア語でのオペラ出演になりました。 第1幕 江戸吉原で、花見の宴が繰り広げられます。 花魁(おいらん)・美穂麗多(ヴィオレッタ)の登場 春普麗徒(アルフレード)が美穂麗多(ヴィオレッタ)に、一年も前から心を寄せていたと告白します。 第2幕 1場 春普麗徒(アルフレ […]

  • 2013年2月23日
  • 2018年4月17日

オペラ「聖徳太子」

2002年11月14日 会場:東京 新宿文化センター 大ホール 聖徳太子(厩戸皇子):深見東州 蘇我馬子:栗林義信 刀自古:岩井理花 炊屋姫(推古天皇):杉野麻美 救済観音:渡邊荀之助 小野妹子:伊達英二 慧慈:多田康芳 泊瀬部大王:牧川修一 観客数:1,534人

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG