「2016 ISPSハンダ ブラインドゴルフ世界選手権」で日本選手が優勝

11月8日から10日にかけて、深見東州さんが会長の国際スポーツ振興協会が長年支援されてきた、2つのブラインドゴルフの国際大会が行われました。

初日は日本ブラインドゴルフ協会主催による「外務大臣杯・文部科学大臣杯2016第13回ブラインドゴルフ ジャパンオープン チャンピオンシップ」が、埼玉・森林公園GC開催され、海外招待選手を含めて160人が参加したそうです。

18ホールのステーブルフォード競技で行われ、イタリアのステファノ・パルミエリ選手が優勝し、文部科学大臣杯を授かりました。ステーブルフォード競技とは、基準のスコアがあって、そこから打数の増減ごとにポイントが決められていて、そのポイント数の獲得によって勝敗を決める方式です。

その中でカテゴリー別のB3部門では、渡辺宣利さん(宮城県)1位、石山雄大さん(東京都)2位と、好成績を残されてました。

そして、ポイントではなく、最も少ない実際の打数で回ったベストグロス賞は、カナダのデレック・キブルホワイト選手で、外務大臣杯を獲得しました。

 

【ブラインドゴルフ】ジャパンオープンに海外招待選手ら160人参加 / 東スポWeb

6d7c05c15b1c9430f87707b591aabec4-300x204

 

表彰式の写真にイギリスの美人ゴルファーのチャーリー・ハル選手の姿が見えますね。この大会のために来日しているのでしょうか。前回の大会では、アメリカのナンシー・ロペス選手と、ウェイン・グラディ選手がゲストとして来日していました。

 

続く9日、10日の2日間は、世界ブラインドゴルフ協会主催による「2016 ISPSハンダ・ブラインドゴルフ世界選手権」が、開催されました。隔年の、各国持ち回りによる開催で、日本では10年ぶりの開催になりました。

そして、こちらは日本の唐澤俊生さんが優勝しました。すごいですね、日本人で初めてではないでしょうか。5位にも石山雄大さんが食い込んでます。総合129ポイントで、逆転優勝と書かれていました。こちらは、カテゴリーに関係なく、ハンディキャップを入れたネットスコアで最小スコアの人が優勝者になるそうです。別途、ハンディなしでの、カテゴリー別の優勝者も、それぞれにいるそうです。

「初日にブラインドゴルフのベストスコアが出て良かったと思っていたら、2日目はもう1打縮められた。これ以上は欲張りかと思っていたけど、まさか優勝できるとは」と話されていたそうです。ちなみに初日は3位だったそうですから、見事な逆転勝利ですね。おめでとうございます。

 

世界ブラインドゴルフ協会名誉総裁である深見東州(半田晴久)さんから、副賞のかぶととグリーン羽織が贈られたそうです。最近、かぶととグリーン羽織がよく出てきますね。日本での国際大会開催でしたから、日本らしさのあるものを贈られているのかもしれません。

【ブラインドゴルフ】「ISPSハンダ・ブラインドゴルフ世界選手権」唐澤さん逆転優勝 初の世界王者 / excite.ニュース

 

それから2位になったジェレミー・ポインスノット(イングランド)選手は、WEB上にもたくさん情報がありました。2010年の世界ブラインドゴルフ選手権のネットスコアでのチャンピオンだったようですね。とてもイケメンの青年です。この動画を見る限りでは、まるで普通に目が見えているような錯覚に陥りそうですね。

 

 

10代で、 難病により突然目が不自由になりながらも、ブラインドゴルフのチャンピオンになったり、難病の研究のためにも活動しているようですね。日本では聞きなれない言葉ですが、インスピレーショナル・スピーカーと紹介されていましたので、自らの体験から、人々を感動させ、鼓舞するような話をされるのでしょう。こちらに動画がありました。

 

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG