超難関ホールのミラクルショットで劇的な逆転優勝、ISPSハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

女子ゴルフはイボミ選手の男女を通じての、日本ツアー最高獲得賞金額の更新が話題ですね。しかも年間7勝ですから素晴らしい1年でしたでしょう。今回の福島で優勝した賞金の中から、寄付をすることを決めたそうです。ゴルフによる社会貢献になりますね。

一方、ゴルフの社会貢献を長年続けてこられた深見東州さん率いるISPS主催の、ハンダカップフィランスロピーシニアトーナメントも、22日まで熱戦を繰り広げていました。こちらも、賞金の一部を社会福祉活動に支援する目的で寄付されています。海外では、当たり前のようになっているフィランスロピー活動が、日本でも定着するといいですね。

 

結果の方は、秋葉真一選手がルーキーイヤーで初優勝を遂げました。なんと、レギュラーを通じての初めての優勝だったそうですから、感激もひとしおだったことでしょう。おめでとうございます。

そして、この秋葉選手の話が泣けてきます。いつも一緒にいたというほど慕っていた、一つ上の先輩の佐々木久行選手のことですが、佐々木選手は、2013年の合宿中にまだ50歳という若さで帰らぬ人となったそうです。大舞台に強かったそうで、国内3勝のうち、2勝がメジャーなのだそうです。その兄貴のように慕っていた佐々木選手と同じ50歳になったこの大会で、秋葉選手は、佐々木さんのことを頼り、聞きながらプレーをしていたのだそうです。

そして、最終日の18番ホールを迎え、それまで秋葉選手と1打差での単独首位だった室田淳選手が前の組でボギーを叩き、追いつくチャンスが出てきました。パーでブレーオフ、バーディーなら逆転優勝という場面での12メートルのバーディーパットの時、佐々木選手に語りかけます。「佐々木さんならどう打つ?」と。ものすごく難しい今回のコースの中でも、最もパーが取れないホールが18番ホールだそうです。

並み居るプロも、このホールでは多くがボギーを叩いていたそうです。そうしたら、「自分で考えろ、こんなもんはいんねえよ」という感じだったそうで、開き直って打ったそうです。そうして打ったロングパットは、するするとカップに吸い込まれていきます。劇的な逆転優勝の瞬間です。なんというドラマチックなラストでしょう。動画で見ましたけど、本当に長い距離でした。普通はパーでよしとするような場面でしょう。ゴルフのことはわかりませんが、最後の最後であれを入れるとは、本当にミラクルショットでした。

 

今なら、ユーストリームのアーカイブで見れますよ。11/22の02の2:25分のところです。

ISPS ハンダカップ フィランスロピー シニア トーナメント ライブ配信

インタビューしていたアナウンサーが、神がかり的に入りましたよねと言っていました。
秋葉選手も涙声になっていました。たくさんのギャラリーから祝福されていましたね。本当によかったですね。

 

 

 

 

深見東州さんの考案としか思えませんけど、兜のトロフィーがすごいですね。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG