深見東州武道館コンサートで気になった曲をいくつか

深見東州さんの武道館コンサートは、会場の熱気もすごいものがありましたけど、深見東州さんの熱唱もすごくて、バワフルなステージになりました。
印象に残った曲は、クイーンの「We Are The Champions」で、フレディーマーキュリーのような濃いボーカルではなく、サウンドもオリジナルと比べると、ギターやベースの音よりブラスの音が強いサウンドでしたが、それがオリジナルとは違った良さを引き出していたと思います。深見東州さんのボーカルは、さすがにロックのシャウトするような歌い方はされないので、全体的に洗練された仕上がりになっていました。
そして歌詞が、いろいろ失敗もしたし、ひどい目にもあったけども、通り抜けてきた。必要なことは、続けていくことだと。そして私たちがチャンピオン、最後まで闘い続ける、この世界のチャンピオンなのだから~。
そんな歌詞ですが、歌心があるので、聞いていると元気を頂く感じです。深見東州さんは、はた目には何もなかったように、いつも元気にされていますが、深見東州さんほどかつて誤った中傷を受け、苦労された人もいないと思います。そんな人が優しい声で力強く歌うからこそ、心の奥まで響いてくるのかなぁと思いました。


それから、まさかの忌野清志郎の曲を歌われました。私は、RCサクセションも忌野清志郎さんの歌も、あまり知りませんが、独特な個性的な歌い方をする人という程度の知識しかありません。しかし、この日武道館で深見東州さんが歌われた「スローバラード」という曲は、すごく良い曲でしたので、オリジナルも聞いてみました。どうも忌野さんの独特の歌い方は、ちょっと私には馴染めないですが、でも、その歌い方が本当は魅力なんでしょうけどね。たしかにいい歌だとおもいますね。
知らない方もいるでしょうから、聞いてみてください。不思議な歌い方をされますよね。

そして、その忌野清志郎のために作ったという、深見東州オリジナル曲「I lost my love」も名曲でしたね。深見東州さんは、忌野清志郎が早死にしてしまった時に、彼のCDを全部聞いてみたそうです。そして、早死にはさぞかし無念だったろう。続きは私が作ってあげようという気持ちになって、曲を作られたのだそうです。面白い話ですね、はやくCDにならないかなと思います。