日本が世界に誇るべき、稀有な才能

深見東州 (半田晴久) メディア

IMG_229
ボクシングの世界ヘヴィー級チャンピオンだったイベンダ・ホリフィールドは、深見東州さんのことを「日本が世界に誇る、万能の天才だと思う」と言ってます。
また2002年までカンタベリー大主教(英国国教会の大主教)であったジョージ・ケアリー(ロード・キャリー)は、英国国教会と、世界160カ国に7000万人以上の信者を擁する聖教会の最高位にいる人ですが、そんな人が「私は今まで世界中で色んな人と会ってきたが、半田氏(深見東州さん)のような万能の天才には、初めて出会った」と述べてます。さらに「日本が世界に誇るべき、稀有な才能だと思う。そして心が温かく、素敵な人物だ」とも言われてます。
そういうところから、この「万能の天才」というフレーズが出たのでしょうか。
その事実を知るという、そういう意味もある広告なのかもしれません。
インターネットが出てきて、今やあっという間に情報が世界を巡る時代と言われています。そんな便利な時代になったことは素晴らしいと思います。しかし、昔から変わらず、本当に大事な事実や真実は、今でもなかなか人の目に触れることは少なく、伝わらないというのもまた実感します。かえって情報の洪水の中で、真実が見えにくくなってしまうこともあるでしょう。だからこそ大切なことは積極的に伝えなければ、埋もれてしまったり、誤解されたり、時間がかかりすぎてタイミングを逃したりするかもしれません。
現代は、正しい情報を適切な手段で発信し続けることが大事だと思います。

関連記事を読む

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA