MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

PGAとISPS共催、2021 PGA HANDA CUP・フィランスロピー障害者ゴルフ大会

今年も、PGA HANDA CUP・フィランスロピー障害者ゴルフ大会が、若洲ゴルフリンクスで開催されます。

PGA HANDA CUP・フィランスロピー障害者ゴルフ大会は、今回で21回目になるそうです。2000年前後から、ほぼ毎年、秋ごろに開催されてきました。

2013年からは国際スポーツ振興協会との共催になり、毎年開催されています。それ以前も、2009年から2011年まで、国際スポーツ振興協会がサボートしていたようですけどね。

  • 2013 PGA HANDA CUP・フィランスロピー障害者ゴルフ大会
  • 試合は上下肢・聴覚・内部・視覚に障害を持つ参加者が、7つの部門に分かれて18ホールストロークプレーで競います。新ぺリア方式で、ハンディキャップも算出されます。

    参加者は定員が100名で、多くても120名くらいで行われてきたようです。例年抽選で参加者を選ぶほど、人気があるそうです。昨年だけは新型コロナの流行により、9ホールでの開催となり、参加者も例年の半数以下で行われていました。

    この記事が気に入ったら
    いいねしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる