MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

2018年、第19回高校生国際美術展、8月8日から19日まで国立新美術館で開催中

今年も8日より、第19回高校生国際美術展が開幕しました。

早速見に行った人たちの声が上がっていました。また、作品を応募した高校生たちの声もありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから開幕に先立ち、表彰式の様子がライブ配信されていました。主催する世界芸術文化振興協会会長の深見東州さんの挨拶、そして高校生国際美術展実行委員会の名誉会長亀井静香元衆議院議員、高校生国際美術展実行委員会最高顧問で、日本を代表する画家の絹谷幸二さんの挨拶を聞くことができます。

 

 

そして、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、各県の知事賞、最優秀校など、ほとんどの賞の表彰式の様子を見ることができます。また、世界各国の、その代表アーティスト賞と本人のスピーチもあります。各国の特徴が溢れている絵画作品と、受賞者の衣装が国際色豊かな美術祭ということを改めて感じさせますね。世界の高校生たちの、芸術を通した交流の機会にもなります。英国、ロシア、中国をはじめ、ヨーロッパ、アジア、アフリカなどの19カ国に及ぶ若い受賞者たちが交流することには、大きな意味があるように感じました。

この動画は限定公開になっています。

 

 

 

今年はまだこれからですので、昨年の第18回高校生国際美術展の様子や入選者の声も、Twitterから少し拾って見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深見東州さんのお話の中で、この展覧会では個性の輝き、才能の輝きを一番重要視していると言われてましたが、最近は完成度も高くなってきているそうです。海外から寄せられる作品も、年々進化していると言われてましたし、全体のレベルが上がっているのでしょうね。

もう、高校生とは思えない、優れた作品が今年もたくさんあるようですね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる