MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

欧州男子ツアー「ISPS HANDA CHAMPIONSHIP」日本デビューに至る経緯

前回の記事で、欧州男子ゴルフツアーの日本開催が決まったことを書きましたが、スポーツ紙にさらに詳しい経緯などが書かれていました。

欧州男子ツアーは、これまで何回も日本開催への打診をしてきていたそうです。ただ、条件が合わなかったのか、合意できないままに立ち消えになっていたようですね。米国男子ツアーに次ぐ規模のツアーとはいえ、なぜこれまで日本開催の交渉がまとまらなかったのか、詳しいことは知りません。

それで今回は、今年の2月に欧州男子ツアーのキースペリーCEOから、国際スポーツ振興協会の半田晴久(深見東州さん)会長に打診があったそうです。国際スポーツ振興協会ならできるかもしれないと思ったようです。

そこから、ゴルフ契約に関する日欧の専門スタッフ、弁護士などを交えて、徹底した議論が始まったそうです。以前は、そこで条件が飲めないと、そのまま議論が深まらずに終わっていたようです。今回は条件が飲めない場合は、理由をはっきりとさせた上で、納得いくまで議論を重ねたそうです。

その交渉は10月まで、11回に及び、最終的に今回の「ISPS HANDA 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント!」開催に落ち着いたそうです。契約書も当初80ページあったものが、何度も修正を重ねて21ページにまでまとめたそうです。内容は分かりませんが、かなり細かな取り決めや、複雑な事柄がたくさんあったのでしょうね。

スポーツニッポン 2021/12/1

これまでも深見東州さんは、交渉や条件がとにかく大変で、とても日本には呼べないと思われているような海外の有名人を、次々と日本に呼んできました。著名なオペラ歌手やオバマ大統領もそんな人達だと言えそうですね。日本人からすると、無理難題と思える条件がたくさんあるようですからね。

そういう大物を呼ぶには、金額などの問題だけではないということを、深見東州さんのことを知ってから、私も少し理解できるようになりました。

そのような海外とのややこしい交渉術に長けた深見東州さんだから、欧州男子ツアーを日本に招聘し、日本ツアーとの共催にまでまとめあげることができたのだろうと想像します。もちろん欧州男子ツアーの名誉会員でもある深見東州さんと、欧州男子ツアーとの信頼関係が土台にあると思いますけどね。

今回の「ISPS HANDA 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント!」における、日本ツアーからの参加条件は、ZOZOチャンピオンシップに比べると雲泥の差ですよね。

ZOZOチャンピオンシップは日本ツアーから10人程度の枠ですが、今回は41人も出場できます。さらに日本ツアーと欧州ツアーの賞金ランクにそれぞれ加算されます。これは非常に大きいですよね。ZOZOでは不公平になるからと、日本の賞金ランキングには加算されていません。

さらに優勝しようものなら、欧州男子ツアーの残り試合と、来年度から2年間のシード権をもらえます。日本男子ツアーも2年間のシードが付与されます。世界ランキングに影響するポイントもZOZOチャンピオンシップに次ぐ高ポイントになる予定ですね。

ZOZOチャンピオンシップを見てたので、海外ツアー主催の大会で、これだけの好条件で日本開催できることは、とてもすごいことなんだろうと、今回のスポーツ紙の記事を見て感じました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる