MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

欧州男子、米国女子のオーストラリアでのISPS HANDA 冠大会が終了

オーストラリアで開催中の「ISPS HANDA ワールドスーパー6パース」と「ISPS HANDA オーストラリアン女子オープン」が終わりました。

女子の試合は、野村敏京選手が4位タイと、先週の大会に続き連続トップ5に入りました。日本選手の中では最も良い成績でしたけど、3日目に途中でトップに立っていたことがニュースで流れていました。そのあと崩れたのか、最終日はトップと3打差の2位からスタートになっていました。再びこの大会で優勝のチャンスかと思っていましたけど、残念でしたね。

 

優勝は、3日目にトップに立ったネリー・コルダ選手が、そのまま逃げ切りました。これで米国女子ツアー2勝目になるそうです。ジェシカ・コルダ選手の妹になりますけど、姉のジェシカ選手も、2012年にこの大会を制していました。

ジュタヌガーン姉妹も、姉妹揃って米国ツアーで優勝していますが、今回の大会では、世界ランク1位の妹のアリア・ジュタヌガーン選手は、もう一つ調子が上がらず、姉のマリア・ジュタヌガーン選手は15位という成績でした。

この2組の姉妹は、今年も女子ゴルフツアーの中心選手として活躍するのは間違いないでしょうね。

 

 

そして、昨年のこの大会を制した、韓国のコ・ジンヨン選手は、最終日に追い上げて2位に入りました。

国際スポーツ振興協会のアンバサダーで、優勝の期待がかかっていた地元オーストラリアのミンジー・リー選手は15位タイで終えました。同じくアンバサダーのチャーリー・ハル選手は42位、リディア・コ選手は1打足りず予選カットになってしまいました。

 

日本選手では、上原彩子選手と横峯さくら選手は予選通過しましたが、原英莉花、新垣比菜、山口すず夏選手ら、若手の選手たちは軒並み予選落ちという結果になってしまいました。

世界の壁はまだまだ厚いようですね。去年、華々しい世界デビューを飾った畑岡奈紗選手は、次週のホンダLPGAタイランドから出場するそうですが、今年は、多くの日本選手が世界で活躍できるといいですね。野村敏京選手も復活してきたようですし、来年のオリンピック代表争いも楽しみになってきました。

 

この動画では、国際スポーツ振興協会ペイトロンのジョン・キー元首相が、優勝トロフィーを渡しています。お姉さんに似て、とても美人ですね。

 

喜びの表現がとてもひょうきんですね。

 

 

欧州、アジア、オーストラリア男子の3ツアー共催「ISPSハンダ・ワールドスーパー6パース」では、池田勇太選手が最終日に進める24人中の、5位で通過しました。しかし、最終日のマッチプレーでは、初戦の相手に惜しくも敗れて姿を消しました。

優勝は、ニュージーランドのライアン・フォックス選手でした。ライアン・フォックス選手は、主に欧州ツアーに出場していて、2月最初の、今年から開催されたサウジ・インターナショナルでも6位に入っていました。その大会は、ダスティン・ジョンソンが優勝し、ジャスティン・ローズ、ブライソン・デシャンポー、ブルックス・ケプカ、パトリック・リード選手など、米国男子ツアーで活躍する常連選手も多く出場していました。

 

ちなみにその大会では、ミンウーリーという20歳の選手が欧米の並み居る強豪を抑えて4位に入り、大変話題になっていたそうです。その選手の姉が、ミンジー・リー選手だというのも、それで知りました。今回の「ISPSハンダ・ワールドスーパー6パース」では、最終日ベスト16に進んでいました。昨年のこの大会もアマチュアとして出場していたそうですが、最終日のマッチプレーで小平智選手に勝っていたそうです。

この兄弟姉妹も、ジュタヌガーンやコルダ姉妹に負けないような存在に成長するかもしれませんね。姉のミンジー・リー選手は、すでに米国女子ツアーで4勝し、去年、世界ランクも5位まで上がっていますからね。

 

 

 

 

オーストラリアならではの光景ですね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる