MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

国際スポーツ振興協会所属、ホストプロ桂川有人選手が混戦を制し初優勝

「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!」は、今年から国際スポーツ振興協会所属となった桂川有人選手が、待望のツアー初優勝を勝ち取りましたね。

3日目終了時点では大混戦になり、トップと5打差内に16人、6打差内に24人がひしめきあっていました。

予選カットラインが5アンダーでしたし、初日から最終日までハイレベルなスコアの戦いでした。最後は24アンダーをめぐる争いになって、星野陸也選手を抑えての優勝になりました。

桂川有人選手はプロ2年目で、下部ツアーのAbemaツアーでは1勝を挙げていましたが、レギュラーツアーでは、前年度トップ10に入ったこともありませんでした。

なので、私も彼が国際スポーツ振興協会のアンバサダーに今年なるまでは名前を知りませんでした。

でも、今年に入ってからは3戦中2位が2回と絶好調でしたよね。シンガポールオープンでは全英オープンの出場権を手にし、東建ホームメイトカップでは、同じ国際スポーツ振興協会所属の高妻選手とプレーオフで争いましたよね。

人柄も自然に笑顔が溢れる、優しい感じの良い青年っていう印象を持ちました。

今回優勝した23歳の桂川有人選手もですが、男子ツアーにも人気と実力を備えたスター性がある選手が、かなり出ている感じがしました。

ベテランの片山晋呉選手の活躍も見事でしたけどね。男子ツアーも、今回のようなハイレベルの接戦が続いて、そこから新たなスター選手が出て来れば、人気を盛り返すことができるかもしれませんね。

そんな期待を感じさせる今回の「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!」の激戦でした。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる