MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

世界のゴルフツアーに大きな変革の波

深見東州さんが社長を務めるたちばな出版の本を買うと、(800円以上税抜)焼きそばがついてきました。焼きそばどうだい!キャンペーン中でした。

これは、LINEスタンプにもなっていたキャラクターたちですね。やたら眉が太いパンダは、深見東州さんをイメージしたものでしょうね。

カップ麺はあまり食べませんが、東洋水産なので味は普通にいいのかもしれませんね。

ゴルフグローバル(たちばな出版)と言う雑誌を買いましたけど、他のゴルフ誌と違って、オールカラーで広告も少なく、読みやすいです。

グローバルというタイトル通り、世界のゴルフ事情について、毎回、世界各地のゴルフジャーナリストが記事を買いてますね。そして世界で活躍する一流選手や、歴史に残っている選手にスポットをあて、特集していることが多いですね。

それとか、各国のゴルフ文化も伝えるなど、毎回保存版的な、異色なゴルフ誌になってますね。


今回、気になった記事は、アメリカのPGAツアーとヨーロピアンツアーの戦略的提携のことでした。アメリカのジャーナリストは、これは収益性の高いライバルツアー「プレミアゴルフリーグ」の台頭を阻止するためのものとして、この提携には不明な点はたくさんあるものの、意味あるものになると書いてましたね。

イギリスのジャーナリストは、新型コロナの影響が、この変革を起こすきっかけになったとしています。そして明らかにPGAツアーが主導権を握り、パートナーと言うより、一部で言われているPGAツアーに乗っ取られるのではないかという危惧を持っているようでした。

「プレミアゴルフリーグ」という新ワールドツアーの構想も、サウジアラビアの資金によって、スター選手を囲い込む計画を進めているそうです。

世界のゴルフツアーには、かなり大きな変革の波がきそうですね。それが選手とファンにとって良い結果になるといいですけど。

そして、日本の男子ゴルフツアーは蚊帳の外という気もしますが、生き残りをかけた戦略に乗り遅れないように頑張って欲しいですね。


話はそれますが、タイガーウッズ選手の大事故が心配です。命には別状がないようですが、元気に復帰できるのでしょうか。ちょうど、今回のゴルフグローバルの、タイガーウッズ特集を読んでいた後にニュースを見たので驚きました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる