MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

ミラクルな劇的勝利で東京ヴェルディがJ1参入決定戦へ進出

東京ヴェルディのJ1参入プレーオフ第2戦は、横浜FCとの対戦で、残りあと1、2分で勝利を掴むという劇的すぎる結末でした。もう、ほとんど時間切れ寸前でしたから、ああ、これで終わってしまうのかと誰もが思ったと思いますけどね。

最後、ゴールキーパーも総動員で攻めに行き、そのGKの上福元選手の見事なヘディングシュートが決まりそうになり、そのこぼれ球をドゥウグラス選手が最後に決めてくれました。 あまりの劇的なゴールだったので、サポーターの喜びようも爆発なんてものではなかったですね。相手チームはガックリだとおもいますが、これほど観客の明暗がわかりやすく出てしまうスポーツも少ないかもしれませんね。

でも、12月8日のJ1参入決定戦のジュビロ磐田戦まで、涙はまだとっておこうと思います。

 

2017年から深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会が、東京ヴェルディの胸スポンサーになったおかげで、私もJリーグを見るようになりましたけど、あれから2年も経ちました。 2014年から南アフリカ2部リーグのサッカーチーム、ムプマランガ・ブラック・エイシズFCのスポンサーもされていました。そのチームも2年目にトップリーグへの昇格を果たしました。そして3年目はプレミアサッカーリーグで優勝を争って3位になりました。ただ、チームのオーナーが身売りをしたため名前も変わってしまいましたけどね。

 

今回の東京ヴェルディの劇的な勝利は、ツイッターでも、あっという間にトレンド上位入りしましたので、サッカーファンの関心もとても高かったようです。 とりあえずまだ戦いは終わってませんが、今日の勝利の記念に、いくつか残しておこうかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる