今年最後のみすず学苑の話題、来年のCMは?

12月11日放送の「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」で受験生の悩み相談をされてた深見東州さんは、40年近くみすず学苑という予備校を経営されてきました。長年教育産業に関わってきたためでしょうか、受験生の心理とか、受験勉強の仕方に関して、プロフェッショナルですね。予備校成功のノウハウでしょうから、ぜんぶ話すことはできないでしょうけども、深く分析し研究されていることを感じました。

それとほんのちょっとした一言に真実があって、ドキッとすることがありますね。さらっとさりげなく言われるので、もう一度聞き直してなるほどと気がつくこともあります。

まだ、聞いたことのない方は、以下のオンデマンドで過去の放送を聞けますので、どうぞ。

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」オンデマンド一覧

 

みすず学苑の話が出たところで、そろそろ来年のCMが気になりますね。路線の変更はないと信じてますが、どんな感じになるのか楽しみの一つです。去年は魚介類と鳥がたくさん登場してました。もちろんギャグ一色でしたよね。

 

05

では最近のみすず学苑の評判や話題をツイッターから拾ってみましょう。やっぱり笑えるのが多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG