クラシックファンを増やしている深見東州さんのコンサート

プラシド・ドミンゴ

11880613_888826404519294_6442796049690290693_n
プラシド・ドミンゴの歌を東京国際コンサートで聴いて以来、ドミンゴのファンになってしまいました。美しい声は天性のものとしても、歌唱の技術に今まで聞いた歌手とは何か違うような、素晴らしいものを感じます。なので何歳になっても、あれほど上手に歌えるのでしょう。今さらそんなこと言うと、当たり前と言われそうですけどね。
私ももう少し、クラシックやオベラも聴いて詳しくなろうかなと思いました。深見東州さんが、こうやってクラシックやオペラを日本で広めているから、私のように、その良さに目覚めていく人も多いでしょう。
深見東州さんが言われる通り、超一流のものにふれることで、その人の何かが変わっていくんでしょうね。巨匠とか、トップの人たちの影響力は、本当に大きいと思います。それに触れないと、その世界を一生知らないままで終わることになるかもしれないのですから、生きている間に、もっと素晴らしいものとの出会いを大切にしようと思います。

ちひろ

深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。 それから数年、この人はただ者ではないとい...

プロフィール

関連記事を読む

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA