深見東州&マイケル・ボルトン、4000人の聴衆を魅了

ジャズ・ポップス

IMG_yoko5
デイリースポーツ2015年7月24日
マイケル・ボルトンと深見東州さんの兄弟船コンサートに関して、新聞記事を掲載します。
今回、深見東州さんのバックバンドを務めたヘアー・バンドというバンドについて、少し書いてますね。
このヘアーバンドというバンド名は、リーダーのスティーブン・スモール氏の頭髪が見事なので、ヘアーバンドが似合いそうというギャグにより名付けられたそうです。でも、実力は一級で、喜多郎の音楽ディレクターであり、編曲家でもあるそうです。また大学講師もしている多才な人のようです。他の6人のメンバーも、それぞれの専門の分野の第一線でやっている人たちで、技術は高いそうです。
聞いていて、演奏にハリと勢いを感じましたね。30代がメインだそうなので、今までよりかなり若いといえますね。マイケルボルトンも、褒めていたらしいです。
マイケル・ボルトン・バンドも、マイケルとともに世界ツアーなど重ねてきた優れたバンドで、演奏は安心して聞けました。女性歌手のアマンダ・ブラウンさんは、ソロでも十分聞かせてくれるほどの力量で、 How Am I Supposed To Live Without You でのデュエットでも、かなり聞かせてくれました。たしか、2013年来日の時に一緒に歌ったのは、違う女性だったと思いますけどね。

深見&ボルトンが魅了!港・横浜に響いた洋楽の“兄弟船”
横浜4000人魅了 2年ぶり共演
港・横浜で、国境を超えた〝兄弟船〟が、華々しく出港した。2年ぶりに来日したボルトンと、深見氏のジャズとポップスの祭典は、アンコールでの2人の共演でクライマックスを迎えた。
 ステージで深見氏は、「マイケルとともに、こんな素晴らしい世界にいるのだから」と、ルイ・アームストロングの名曲「この素晴らしき世界(What a wonderful world)」をアンコールに選曲。2人のデュエットで4000人の観衆を〝素晴らしき世界〟へ引き込んだ。

ちひろ

深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。 それから数年、この人はただ者ではないとい...

プロフィール

関連記事を読む

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA