お台場が揺れるほどの盛り上がりで、ジュリーをほうふつ

IMG_dey
デイリースポーツ 2015/4/17
こちらは、今月の8、10日に開催された深見東州「グループサウンズ&フォークの一人祭典 & 全部オリジナル曲コンサート」の新聞記事です。
8日は、グループサウンズやフォークの、往年の大ヒット曲、熱狂した曲を選んで歌われたと思ってましたが、深見東州さんによると、意外な曲が今も新しく素敵だとわかったそうで、そんな曲を選んだそうです。
ところでフォークというと、私の父が岡林信康を聞いていたのを思い出してしまいます。私は、あの人の音楽は苦手でしたけど、小さい頃よく聞かされたせいで、今でも覚えています。深見東州さんも、岡林は歌われず、吉田拓郎を歌われてました。正直いうと、グループサウンズもフォークもそれほど知らないんですが、「あの素晴らしい愛をもう一度」や、「花嫁」は好きな曲でした。たしかに今聞いても古く感じないですよね。あと、「翼をください」という曲が、とても素敵な曲でした。
アンコールでは、お台場が揺れるほどの盛り上がりと記事に書かれてる通り、すごい盛りあがりでラストを締めくくられました。また、”ジュリーほうふつ” と書かれてますが、「君だけに愛を」を2回続けて歌われたときが、一番盛り上がりのピークでしたね。すごかったです。
10日は、深見東州さんのオリジナル曲を、ピンクレディー風、忌野清志郎風、さだまさし風、きゃりーぱみゅぱみゅ風、中島みゆき風に歌われました。一曲一曲が、どれも素敵な印象に残るメロディーで、歌詞もおもわず口ずさみたくなる親しみのある歌詞で、全部いいですね。4時間近くにわたって、ハートをわしづかみにされてしまいました。