「新春ジャズの一人祭典」を満喫

新春ジャズの一人祭典が、満席のサンプラザ中野で開催されました。

風邪気味という深見東州さんでしたが、ジョークを満載しながら、30曲あまりを歌われました。3時間くらい歌い続けたことになりますね。歌えば歌うほど乗ってくる様子で、満足度の高いコンサートになりました。

ご本人いわく70数曲連続で歌ったこともあるそうで、驚異的な喉を持たれているようです。艶やかな胸に響く声でジャズの名曲を次々と歌い上げられ、ほれぼれと聴き入ってしまいました。今の日本にこれほどの歌声を持つ人はいないでしょう。本当に珠玉の歌声です。

ジャズ界の巨人たちをも凌ぐ歌声だとライターが書いていますが、その言葉に嘘はありませんね。JAZZYでおしゃれな夜のひとときを、2000人が満喫しました。

 

IMG_225
デイリースポーツ 2015/1/21
>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG