椿山荘で、X’masチャリティ・プロレス・ディナーショー開催

ジャズ・ポップス

IMG_213
スポーツ報知 2014/12/16
本当にもの凄いディナーショーでした。
深見東州さんのとろけるような美声で、Xmasの雰囲気が満開になったところで、いきなりプロレスが始まるわけですから、今日はそういう催しだとわかっていても、やっぱり驚かざるをえません。そもそもホテルの大宴会場のど真ん中に仮設とはいえ立派なリングがドーンと居座っているのですから、なんとも不思議な光景でした。
しかも前方のステージとリングの間には、レスラーが登場するための花道がしっかりと仮設されていて、そこを通って、次々とレスラーたちが入場してきたのでした。もちろん、それぞれのテーマソングに乗ってです。タイガーマスクの登場の際は、深見東州さんが生でタイガーマスクのアニソンを歌われました。
グレート・カブキは、緑色の毒霧を吹き出し、ダンプ松本は竹刀を持って参上し、それぞれ往年のキャラそのままにやってくれました。これで盛り上がらないわけがありません。
もう、最初の女子プロレスで乱闘になったあたりから、私もですがどんどんリングサイドに集まってきまして、ほとんどかぶりつくように見てました。
ダンプ松本や曙は放送席にまで乱入し、深見東州さんは素早く退避されるなど、なかなか見せ場を作ってくれます。
なにしろ、こんな間近でプロレス見るのもはじめてだったので、おそらくそう言う人がほとんどではないかと言う気がしますが、かなり興奮してしまいました。
さすがにテレビで見ているときのような、あそこまで激しくはできなかったようですが、アナウンサーも椿山荘の器物を絶対に壊さないようにと叫んでましたから、笑えました。
でも、人間離れした肉体と、パワーあふれる闘いぶりは、見るものを興奮させるんだなと思います。本能なんでしょうね、やはり。
タイガーの決め技がほれぼれするように鮮やかにかっこ良く決まり、最後はそれで終わりました。
なんと面白い、あっというまのディナーショーでした。とても素晴らしいひと時をありがとうございました。
そして楽しいとはいえ、これはあくまでもチャリティーなんですね。本当にたくさんの人が救われるチャリティーなのですが、チャリティも楽しくないと続かないですよね。

ちひろ

深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。 それから数年、この人はただ者ではないとい...

プロフィール

関連記事を読む

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA