深見東州(半田晴久)さんのことがわかるサイト

深見東州 (半田晴久) さんの話題・最新情報

メニュー

藤岡弘、さんも出演、深見東州さんの「ブドウと桃コンサート!!」in 岡山

319 views

5月30日に岡山市民会館で開催された「ブドウと桃コンサート!!」の様子をスポーツ紙から少し紹介しますね。見に行ってないので、詳しくお伝えできないのは残念ですけど、せっかくなので記事として残しておこうと思います。

今回も、昨年11月の仙台でのコンサートと同じように、最初に「レッツゴー・ライダーキック」を深見東州さんが歌うと、それに乗って藤岡弘、さんが登場し一緒に歌ったそうです。藤岡弘、さんはよく響く低音の良い声をお持ちで、歌も上手ですよね。

 

東京スポーツ2019/6/10

 

その後しばらくは、2人による楽しいトークが続いたようです。どんなトークだったのかというと、藤岡弘、さんが腕時計を右腕につけるということで盛り上がったそうです。

ハンダ・ウォッチ・ワールドのテレビCMでは、両腕にたくさんの時計をつけてたりしますけど、ふだんは左腕ではなく、右腕に時計をつけるようにしているそうです。その理由が藤岡さんらしくて、右腕につけていると、とっさの場合に時計を武器にすることができるからだそうです。右利きなので、時計を利用してパンチを繰り出す気なんでしょうね。

世界中の危険な場所を何度も訪れているそうなので、日本は平和かもしれませんが、万が一の時のためにそうしているそうです。自分の身は自分で守らなければいけませんと、そのためには時計でもボールペンでも、使えるものはなんでも使うそうです。

さすが武道に生きる人ですね。いつも戦場の中に身を置いているという心境で、何が起きても良いように、ふだんから油断せず過ごしているんですね。ちょっと驚きましたけど。できるだけ、時計が破壊される機会に出会わないことを願います。

 

 

それから、最近はサントリーBOSSの宇宙人ジョーンズ・シリーズにも出ている藤岡弘、さんですが、突然滝つぼに現れてヘビをつかまえるシーンがありますね。今回の決め台詞は、「この惑星の藤岡弘、はいつも本気だ」でした。

コミカルで、どこかほっこりするCMが多い、このシリーズですけど、深見東州さんによると、「うち(ハンダ・ウォッチ・ワールド)のテレビCM以降、おかしいのも大丈夫というイメージになりましたね」ということでした。

藤岡弘、さんは、「半田社長(深見東州さん)と出会ってから、人生は楽しまなくちゃダメだと思うようになりました。コーヒーのCMでは蛇が出てきますが、実は苦手なんですよ」と応じていたそうです。ほんとそうですよね、いつも楽しくいかないと。

 

<藤岡弘、トミー・リー・ジョーンズと「謎の危険生物」撃退 堺雅人、杉咲花らを助ける>

 

藤岡弘、さんが退場した後は、BOSSのCMでもよく使われていた中島みゆきの歌を8曲くらい歌ったり、最近は必ず中島みゆきをたっぷり歌われますね。いい歌ですけどね。

あとは、今回初お披露目の曲も、かなり歌っていたそうです。

結局3時間半にわたり、出ずっぱりでトークと、25曲を歌いきったそうです。いつもながらのエネルギッシュなステージは、令和になっても健在のようですね。

 

 

深見東州さんは、「国籍や年代、男女の区別も関係なく、名曲や感動できるいい歌を歌い続けないといけない。そのためにはしっかりと体をつくって、楽をしてはダメ。80歳90歳まで歌い続けないといけない」と、まだまだこれから先も、ずっと元気に歌い続けるつもりのようです。

70歳を超えても、現役で世界で活躍している歌手はいますけどね。深見東州さんのパフォーマンスも、全く衰えを見せないどころか、新しいことにチャレンジしたり、ますます冴えてますから、まだまだ期待できそうですね。

 

 

HANDA Watch World 岡山店オープン/デイリースポーツ

♪桃太郎さん桃太郎さん-。そんなノリでオープニングから桃太郎色全開。バンドメンバーは、指揮者が桃太郎に扮(ふん)し、演奏者はキジ、サル、イヌの着ぐるみ姿で演奏。そんな中で深見東州こと半田晴久社長は、ブランドのアンバサダー・藤岡弘、とともに登場。あいさつ代わりに「レッツゴーライダーキック」を披露すると、会場は一気にヒートアップした。
実は藤岡は「デニムが大好き」と、岡山が誇る世界ブランド・桃太郎ジーンズをはいての登場。さらに武道家とあって「刀剣王国・岡山」に関する熱いトークを展開。開始から30分以上、2人の岡山愛で盛り上げた。
その後は半田氏が、多様なジャンルの音楽を繰り出した。圧巻だったのは「ツッパリ High School RocK’n Roll(登校編)」(横浜銀蝿)、「男の勲章」(嶋大輔)など懐かしのバリバリロック。会場の超満員1800人が一体になって踊るノリノリの雰囲気で早くも最高潮に。
一転、演歌や「泣かせます」と中島みゆきの曲を8曲も繰り出して聴かせるシーンもあり。さらに洋楽曲、AKB曲、「晴れの国 岡山」とのPRワードに合わせ「空に太陽がある限り」を披露するなど、アンコールまで含め約3時間半も休憩なしで25曲を熱唱。衣装もステージ上で公開着替えを決行し、振り幅の大きな歌唱曲のジャンルに合わせ7変化。最後は「♪やりましょう~やりましょう」とばかりに、餅まきならぬ岡山名物「きびだんご」を会場にまくサプライズ。予定時間をオーバーする圧巻のステージで岡山の夜を彩った。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

最近話題のHANDA Watch World(ハンダウォッチワールド)の記事

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

世界開発協力機構主催のサミットの記事

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

電車広告やテレビCMで話題のみすず学苑の記事

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

今週読まれている記事(毎週リセット)

  • 今週の人気記事