今夏も、高校生国際美術展が国立新美術館で開催

今年はコロナが猛威をふるっていたため、学校も長い期間休校になりました。

そんな中でも、高校生に特化した世界的な美術展である「高校生国際美術展」は、今年も夏頃に開催されます。

現在は、作品の募集が行われていますね。本当は先月で締め切りの予定だったようですが、さすがに休校の影響などを考慮されたのか、締め切りが少し伸びていました。書の部は昨日で追加受付が締め切られましたが、美術の部は、27日までになっていますね。

そして、奨励賞より上の受賞作品は、今年も、2020年8月5日(水)~8月16日(日)の期間、国立新美術館にて展示公開されます。

昨年は、第20回という節目であり、国内の高校生の書の作品が9969点、美術作品が1274点集まり、さらに海外19カ国からもたくさんの美術作品の応募があったそうです。

20年の間に少しづつ規模が大きくなり、日本の高校生の美術展としては最も有名な美術展の一つになり、またグローバルな美術展として、国立新美術館定番の展示会になっていますね。

会期は短いので、私はなかなか見に行けたり行けなかったりですけど、高校生とは思えないレベルの作品が多いと、毎年、評判がとても良いようですね。

zakzak

世界芸術文化振興協会(半田晴久会長)が主催する、高校生対象の書道と美術の公募展「第20回高校生国際美術展」の表彰式が、先…

深見東州さんによると、高校生というのは大人の始まりであり、この時期から才能が開花し始めると言われてました。なので、そのキラリと光る才能を大事にして、励まし勇気づけてあげると、自信と誇りを持って生きていけるようになるそうです。原石を見出して名馬に育て上げる伯楽のように、才能ある若い芸術家を育てる目的でされているようです。

実際に作品を選ぶのにも、荒削りで完成度は低くても、キラリと光る個性ある作品を選んでいるそうです。

さらに、癒着のない、公平を期するために、審査では県名や学校名、名前を伏せて、作品だけを見て審査しているそうです。

それからユニークな取り組みとして、海外の入選者と国内の入選者による交流の機会も作っていますね。早くから世界を知り、世界に目を向けてほしいという願いがあるように感じました。言語の壁はありますけど、単語を並べるだけでもいいから、会話をしてほしいと言われてましたね。

こちらは、昨年の表彰式の様子です。画家の絹谷幸二さんや、亀井静香元衆議院、そして深見東州さんの挨拶を見ることができます。あと、国内、海外の受賞者の挨拶も、いい挨拶していますね。

今年は世界的にコロナが収束していませんし、海外からの渡航制限などもあるでしょうから、表彰式や交流会が開催できないかもしれませんけどね。

自粛の期間も長かったことですし、その分素晴らしい作品が、たくさん集まっているといいですね。

昨年の美術展で、書の部と美術の部で、優れた賞を受賞した高校生のインタビュー記事がありました。

高校生新聞オンライン

本田琴音さん(神奈川・横須賀総合高校3年、美術部)は、油彩で描いた絵画作品が美術大会で高く評価されている。3年次は「高校…

高校生新聞オンライン

後藤夢介(むかい)君(埼玉・大宮光陵高校3年)は、第20回高校生国際美術展書道の部で、内閣総理大臣賞を受賞した。受賞作「…

こちらは、インスタグラムから拝借しました。高校生美術展に出品されていた作品のようですね。見覚えのある作品もあります。

どれもハートがこもっていて、レベルが高いなと思いますね。

https://www.instagram.com/p/B04vgXoA-FL/
https://www.instagram.com/p/B_G9Y68h7Ak/
>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG