パッキャオ選手を迎えての、HANDA Watch World・心斎橋・つかみどり時計店プレオープンイベントは大盛況

これまでも吉祥寺店や西荻店、名古屋店と、HANDA Watch Worldのお店をオープンするたびに豪華なオープニングイベントを開催されましたけど、全てに参加しているわけではありませんが、今回は過去最高のオープニングイベントだったような気がします。

やはり、3月30日の神戸ポートピアホールでのコンサート、マニー・パッキャオさんを迎えての「深見東州ジャズなどいろいろ、ゲストもいろいろコンサート」がよかったですね。

1部は深見東州さんのステージで始まり、はじめにマニー・パッキャオについて、その素晴らしさを30分くらい話されました。私のようなパッキャオもボクシングもよくわかってない人たちが多かったからでしょうね。

 

そのあとは、ジャズナンバーを歌われるのかと思ったら、いきなりマジンガーZから始まるということで意表をつかれましたけど。さらにルパン3世や、ヘビー・ローテーションと、あれ、武道館コンサートになるのかなと思いましたけど、そのあとはしっかりとジャズのスタンダードナンバーを歌う素敵なコンサートになりました。

深見東州さんも出店続きの中で、おそらくヘビー・ローテーションそのまま、超忙しい中でのコンサート開催だったと思います。それだけで頭の下がる思いですね。

 

そして2部のステージに、マニー・パッキャオがパッキャオバンドを率いて登場します。

パッキャオはフィリピン人ですから、英語とカタログ語(フィリピン語)の歌を歌いました。先日、 iTunesで聞いた時から思っていましたけど、本当に綺麗な澄み切った声なんですよね。ボクシングで激しく戦っている人だとは思えないような。

それで、「ラ・バンバ」からはじまり、アップテンポからスローなナンバーまで織り交ぜて数曲歌ってくれました。

見に行った人だと思いますが、声を少し拾って見ました。

 

 

 

 

 

会場では、涙している人もいたようでした。なにか心のこもった歌声なんですよね。優しい人柄がにじみ出ているのかもしれません。これまでに試合で得たファイトマネーで、多くの貧しい人を救ってきたそうですけど、現在、故郷ミンダナオ島に数十億をかけて病院を立てるように動いているそうです。そこは立派な病院がないからだそうですね。深見東州さんもそれに協力されるそうですが、そんな人々に対する思いやり、愛情の深さや誠実な人柄を感じましたね。

最後は、深見東州さんと一緒に「イマジン」を歌い、さらに深見東州さんは、クイーンの「ウィ・アー・ザ・チャンピオン」を歌います。そして日本人の元世界チャンピオン内山高志選手や、時計小売業界のチャンピオン吉田時計店の社長ご夫妻たちもステージに招かれて、みんなで一緒に歌いました。と言っても、適当にうたっていれば、あとは私が歌いますからということでしたけど。

そしてさらに「聖者の行進」を歌いながら、客席に降りて会場を回られます。いつもながらサービス精神旺盛ですね。でも、最後はまたゲストのパッキャオさんに敬意を表して「ラ・バンバ」の演奏となり、会場のみんなもノリノリ状態になって終わりました。

いつもコンサートはそうですけど、今回も最後はすごい盛り上がりでしたね。

 

ちなみにパッキャオ選手は、ラスベガスなどでボクシングの試合が終わった後に、コンサートをそのままやることもあるそうです。そういう契約なんでしょうね。怪我をしていてもやるそうなのですごいなと思いました。

でも、そういうことも含めて、自己満足のためにしているのではなく、貧しい人たちのためにしているんだなと思いました。政治家になったのも、そういう人たちを救いたいからだそうですし、とても多くの人が頼りにしているそうです。

そんな人だから、フィリピンでは英雄になり、内戦をやっていても、パッキャオの試合があるときは休戦にして応援しようとなるそうです。フィリピン人にとって、いかにパッキャオの存在が大きいか、人気のほどがわかりますね。

 

そして翌3月31日は、ホテルオークラ神戸で、プレイベントが開催されました。ここにもパッキャオ選手は登場し、しかもバンドメンバーも連れてきて、この日も数曲歌ってくれました。前日のコンサートよりも、いっそう良い声で歌っていたように感じられました。

イマジンを深見東州さんと一緒に歌い、その後バラードを歌いました。有名な曲でしたけど、どうしても曲名が思い出せません。

 

そのあとは田口良一選手も登場して、共栄産業の小林社長さんとパッキャオ選手の4人でトークショーになりました。共栄産業というのは、日本一の時計修理会社だそうです。そして、田口良一選手や内山高志選手が、その昔働いていた会社だそうです。そのときにハイゼックを輸入していて、田口良一選手や内山高志選手も気に入って購入したそうです。今は、深見東州さんの株式会社ミスズがハイゼックの総輸入元になっていますね。

こちらの共栄産業さんのフェイスブックに、そのプレイベントの写真などが掲載されていました。

https://www.facebook.com/kyoeico/photos/pcb.927845450709554/927844680709631/?type=3&theater

 

 

パッキャオが日本に来日されてました。 サンバダンサーから始まり パッキャオバンド パッキャオ選手、田口選手、半田社長トークセッション 憧れのパッキャオに会える事が出来ました。 田口選手が、パッキャオにボクサーに必要な3つの要素はなんですか? 1.努力する事 2.謙虚でいる事 3.責任を持つ事 と田口選手に言われてました。 普段の生活や、ビジネスにも共通する事だなぁと思いました。 超一流の方は本当に凄いです。 また自分のレベルが上がったような気がしました。 #パッキャオ #田口選手 #パッキャオバンド

吉岡拳臣 kenshin yoshiokaさん(@kenshin0812)がシェアした投稿 –

 

 

田口選手にとってパッキャオ選手とはどういう存在ですかと聞くと、速攻で「神です」という答えが返ってきました。小林社長も同じ答えでした。やはりボクサーにとって、パッキャオ選手は雲の上のような特別な存在なんですね。そのパッキャオ選手は、敬虔なクリスチャンだそうです。そして、試合前はもちろん、普段も神に語りかけて、祈っているとのことでした。

また、ボクサーにとって大事なことの一つに謙虚さをあげていました。パッキャオ選手は、一時期、もてはやされすぎて道を踏み外しそうになったようですけど、そこから立ち直ってこれたのは、そんな謙虚さを失わなかったからかもしれません。あるいは、信仰の力もあったのかもしれませんね。

本人は、まさかここまでやれるようになる(大成功する)とは思いもしなかったと、しみじみと言われていましたけどね。

 

 

この日も、素晴らしいトークショーとミニコンサートになりました。そして、翌日の4月1日には、田口良一選手と内山高志選手とのトークショー、タレントの杉本彩さんとのトークショーが開催されたそうです。

また、4月2日は、HANDA Watch World・心斎橋・つかみどり時計店のグランド・オープンでした。私は3月31日までしか参加していませんので、また何か詳しいことがわかったら書こうかなと思います。

 

最後にパッキャオ選手が神戸に来るということで、一部のファンの間で、ネット上でも話題になっていました。おそらくホテルオークラにきた人も多いのではないかと思います。格式あるホテルの1階のとても広い会場でしたけど、31日は、そこがぎゅうぎゅうになるほどの人が来ていましたから。