「プロゴルファー誕生100周年記念・ISPS HANDA コロナに喝!シニアトーナメント」もチャリティー大会に

日本女子ゴルフツアー2戦目となるNEC軽井沢72では、ジャンボ尾崎に師事する笹生優花選手が、 プロ転向国内ツアー2戦目にして早くも優勝しました。レギュラーツアーではありませんが、8月初旬に行われた「ISPSハンダ・医療従事者応援!!チャリティレディース」でも、最後まで優勝を争い2位でしたよね。

渋野日向子選手ら1998年生まれの黄金世代、 古江彩佳、安田祐香選手ら2000年生まれのプラチナ世代に続く、21世紀生まれのミレニアム世代の筆頭に躍り出た感じですね。

https://twitter.com/drispitanuki/status/1295195892853612544

もともと米国ツアー志向のようで、今年からジョージア大学に入学する予定だったそうです。しかし、昨年末日本のプロテストに合格したため、大学進学をとりやめて、日本のプロゴルフツアーへの参戦を決めたそうです。

来年の東京オリンピックでは、フィリピン代表として出場を目指し、その後は日本国籍を取得するそうです。お父さんが日本人、お母さんがフィリピン人なんですね。日本語と英語とフィリピン語が話せるそうです。

日本語も上手ですね。実は、今年初めに、オーストラリアで開催された国際スポーツ振興協会の冠大会2試合にも出場していました。2試合とも米国女子ツアーになりますが、「ISPS ハンダ VIC オープン」では予選落ちしたものの、「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」では、大会主催者の半田晴久(深見東州さん)会長の推薦で出場した原英莉花選手とともに25位でした。

同じジャンボ尾崎門下生なので、おそらく笹生優花選手も、スポンサー推薦での出場だった可能性が高いですね。ジャンボ尾崎プロは国際スポーツ振興協会のアンバサダーになっていますからね。

オーストラリアの2試合は、河本結選手と山口すず夏選手も、半田晴久会長のもとを訪れ、推薦を受けていたことをゴルフ雑誌で知りました。後に米国LPGA ツアーQTランキングからでも出場できることになったそうですけどね。

世界を目指す選手は、河本選手や笹生選手のように、世界ツアーに出場する機会を逃さず出ているように思います。笹生優花選手は、米国ツアー2戦を戦い抜いたことや、アマチュア時代から世界を転戦していたことも、若くして実力が発揮できる要因のような気がしますね。

今後、世界で活躍が期待できそうな日本選手が、また一人増えましたね。

ところで8月21日から、今シーズン日本男子シニアゴルフツアー2戦目となる、「プロゴルファー誕生100周年記念・ISPS HANDA コロナに喝!シニアトーナメント」が、群馬県の赤城ゴルフ倶楽部で開催されます。

シニアの部は賞金総額5000万円、優勝賞金1000万円。スーパーシニアは賞金総額500万円、優勝賞金100万円の大会です。この大会もチャリティトーナメントとして、賞金の一部(5%)を社会福祉活動を支援するために寄付するそうです。

今回も、前回に引き続きギャラリーを入れての開催になるそうです。ただ感染拡大が続いてますから、おそらく前回以上に、より綿密な対策を行った上での開催になるかと思われます。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG