第3回国民のコンサートは、日本歌曲のクラシックコンサート

国民のコンサート

第3回国民のコンサートが、新国立劇場で開催されました。今回は、10月27日と29日の2度開催されました。そして、深見東州さんが、2日間とも、お一人で日本歌曲を歌うというコンサートでした。日本歌曲ですから、オーケストラもなく、ピアノ伴奏によるものです。

唱歌や童謡、日本の民謡など、日本で古くから歌われていた曲を歌うことにかけては、昔から定評がある深見東州さんです。日本の歌のCDも10数年前に出されてますから、かなり年季が入ってますね。

今回も評判にたがわず、温かい声で、しっとりと、また軽やかに、日本の四季折々や自然を読み込んだ歌の数々を披露されました。とても良かったですね。涙を流している人もたくさん見かけました。私も、歌自体には思い出はないのですが、なんとなく涙が出てくるんですよね。

あっさりと歌われているようでも、そこに歌心があるからでしょう。

 

聞くところによると、深見東州さんのコンサートの前は、いろいろと忙しくて、またいろいろな妨げになるようなことも起きるそうです。そういうものを全て乗り越えてコンサートを迎えるそうなので、深見東州さんがステージに上がってくるだけで、涙が出るという人もいるそうです。

深見東州さん自身は、以前、音楽オペラエッセイの中で、思い通りに自分の声をコントロールする技術をマスターしたら、次にイメージ、次にハートを込める技術と言われてました。さらにそこから進むと、舞台で上から何かが降りてくるそうです。技術とイメージとハートを尽くし、日常生活や人生の足跡を通して魂が磨かれ高まると、その先に何かが降りてきて、大きな感動を共有できるのですと書かれてました。

そういうものが深見東州さんのコンサートにはあるのかもしれませんね。一流の音楽家たちも、同じようなことを感じているそうです。ルネ・フレミングも、キリ・テ・カナワも、クインシー・ジョーンズも同じようなことを言ってたそうです。ここまでくると、技術を超えたものになるようですけどね。

 

images

写真は10年くらい前のコンサートのものです。

 

ところで、今回は日本歌曲によるクラシックコンサートでしたから、ほとんど曲間のお話もなく進みました。

これも以前書かれていたことですが、アリアは楽譜通りに歌わないとバラバラになり、オケと合わなくなるそうですが、歌曲になると、キーを自由に変えられるし、歌唱の表現もいろいろあるそうです。なので歌が上手な人にとっては腕の見せ所であり、真面目に歌うだけの人にとっては、難しく感じられるものだそうです。

歌曲をどう歌うのかが、最終的には一番難しいと、栗林義信世界芸術文化振興協会副会長も言われてたそうですから、日本歌曲というのはシンプルで歌いやすいように思えますが、実はそうではないんですね。良い声で歌っても、それだけでは何の魅力も感じないですよね。

 

それから、深見東州さんは能楽師でもありますが、能の精神性や内面性を表現に加えられているそうです。どういうことかというと、能は面を付け替えるだけで、男役であっても女役であっても、全て同じ声で歌ってますよね。それは心の声で歌っているそうです。

つまり、その役柄になりきって、観客の心に染み入る内面波動を出し分けているそうです。そうすると音色や響きの波動も変わり、聞いている人たちにもそのように聞こえるのだそうです。だから「羽衣」の天女を男性の太い声で演じても、観客は天女を本当の女性のように感じるそうです。

優れた能楽師になると、そのような「なりきりの内面芸」をマスターしていて、深見東州さんは、それを声楽にも応用して歌い分けているそうです。そのようなことを知って、深見東州さんの歌を聞くと、確かにそう感じられますね。その歌の主人公になりきって歌われてるので、どんな役でも、そのような声に聞こえる気がしますね。

 

深見東州さんはクラシックに関して、音楽の芸術性や発声、表現力、音楽理論の理解を深め、高めるための教科書だと言われてました。そのクラシックにおいては、レガートは歌唱の芸術と言われているそうですが、ゆっくりと、たっぷりとレガートで歌うところにその歌手の芸術性が現われ出てくるそうです。

早く歌うのはやさしいそうですが、たっぷりと、ゆっくりと歌い、それもピアニッシモ、ディミヌエンドで小さくなっていくのを狂わずに歌うのは、優れたテクニックが必要になるそうです。それができると、ピアニッシモの極致のような声でも、3000人クラスのホールの最後尾までしっかりと届くそうです。

たしかに、深見東州さんの細い声で歌ってる時の歌も、最後尾に近いところで聞いた時がありましたけど、しっかりと聞こえてましたからね。これがベルカント唱法なんだと実感したことがありました。

ベルカント唱法を正しくマスターすると、声量よりも、このような響きのテクニックを重視するそうです。ルネ・フレミングも、キリ・テ・カナワもそうだったと言われてました。世界のトップレベルの歌唱技術を持つ歌手は、そのような技術を磨いているのでしょう。そこをもっと詳しく書くと、それは以下のようになるそうです。

 

たっぷりと息を吸いこむ技術、少しづつ均等に吐き出す技術、声量よりも響きに重きを置く技術、キューゾ(響きを集める)に徹して、息が余計にもれなくする技術、音程によって当てる体のポイントや、筋肉の働きをキープする技術、ジラーレ(声を曲げて歌う)技術、母音を体から離して飛ばす技術、声帯が柔らかいままにする脱力技術、声帯を柔らかいままにしてほぐしながら歌うビブラートの技術、ソットボーチェの技術、ステージて緊張したり硬くならない心理的技術、心を届けるためのイメージの技術などです。

 

ということで、たくさんの細かい技術の集大成で、優れた歌唱が生まれるんでしょうね。専門的になるので私もよくわかりませんが、歌が好きな人の参考になればと思って書きました。

ちひろ

深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。 それから数年、この人はただ者ではないとい...

プロフィール

関連記事を読む

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA