谷原秀人(国際スポーツ振興協会所属)、長嶋茂雄招待セガサミーカップで今季初優勝

長嶋茂雄招待セガサミーカップ最終日、2位に4打差をつけていた谷原秀人選手が、そのまま逃げ切って通算12回目の日本男子ゴルフツアーの優勝を飾りました。国際スポーツ振興協会会長の深見東州さんも、先週の谷原選手には残念だったと思いますが、それだけに今回の優勝は喜ばれていることでしょう。

谷原秀人が逃げ切り通算12勝目 男子ゴルフ最終日

 

 

最終日、谷原選手はスコアを伸ばすことはできませんでした。終盤に入ってすぐ、2位のクロンパ選手に1打差まで迫られ、追いつかれるかと思いましたけどね。焦らず、落ち着いていました。

クロンパ選手は先週のISPSハンダグローバルカップでも、最終日の後半まで優勝争いをしてましたので、かなり力を持ってる選手のようです。結局はそのとき3位に終わりましたが、それだけに今回は、絶対に勝ちたいと言っていたようです。

一方谷原秀人選手は、先週、ホストプロながら予選落ちという不本意な結果だっただけに、今週は調子を取り戻して優勝したかったと思いますね。

そんなクロンパ選手は、1打差に迫った後にダブルボギーを叩いて、その後もバーディーチャンスで入ったと思った球が入らなかったり、解説者の丸山茂樹選手が、何かが谷原を応援してますね、と言うほどの勿体無いプレーがありました。クロンパ選手はタイの選手ですが、今後、日本やアジアンツアーでも活躍しそうですね。

 

この試合は、世界ランク100位以内が出場できる全米プロ選手権出場資格もかかっていたそうです。現在谷原選手は103位なので、この優勝で100位以内へ返り咲くのではないかと思います。

それから、オリンピックの日本代表2番手争いも、面白くなってきたかもしれませんね。ポイントの計算方法はわかりませんので、なんとも言えませんが、2番手を池田勇太選手、片山晋呉選手、谷原秀人選手の3人が争う形になってるようです。次の日本プロゴルフ選手権の結果で決まるそうですね。

ただ当確の松山英樹選手は、出場するかどうかを決めていないそうです。アメリカ選手を除いて、男子のトッププレーヤーの多くがオリンピックを辞退していますが、結論は来週に出すようです。ジカ熱の懸念というよりは、米国男子ツアーのスケジュールの過密差が、出場辞退につながっていると言われていますね。

深見東州さんはゴルフのオリンピック復帰を、とても喜ばれていましたから、また、パラリンピックへの障害者ゴルフ参加をライフワークにされていますので、リオ・オリンピックのゴルフ競技が大いに盛り上がって欲しいですね。

 

スポーツ報知2016/7/2

スポーツ報知 2016/7/2

こちらは、先週のISPSハンダグローバルカップの記事です。

この試合でも障害者ゴルファーを招待し、プロと一緒にプレーする機会を持たれていました。それが障害者ゴルファーたちのモチベーションを高くしているそうです。そして、障害者ゴルフの認知と普及にもつながっていると思いますね。

また、今回のトーナメントの賞金の5%をチャリティーに当てられ、社会貢献のために地元などに寄付されていました。そのような社会貢献への成果も大きい大会でした。

また、地域の活性化にも取り組んだ大会でしたね。能登半島の小さな街である羽咋市に、期間中8千人以上が訪れ、宿泊施設やタクシー、買い物などで、にぎわったようですから。