たちばな出版のキャンペーンの評判は?

たちばな出版

深見東州さんは、たちばな出版という会社も経営されてます。

「座って読んでもたちばな出版」「立場ない人にたちばな出版」というフレーズをどこかで見たか聞いたという人もいるのではないでしょうか。

みすず学苑もそうですが、たちばな出版も電車広告がけっこう目立っていると思います。みすず学苑は関東以外では見られませんが、たちばな出版の場合、書店も読者も全国展開ですから、もっと広い地域に広告を打たれていると思います。新聞でも深見東州さんの書籍を中心としたユニークな広告を時々見かけますね。

 

それで、このたちばな出版にしかない特徴の一つに、とってもユニークなキャンペーンの存在があります。特にここ数年は、有名なアニメのキャラクターを配したラーメンなどを開発し、本を購入した人にプレゼントする企画がなかなか好評のようです。

書店からも、そういうキャンペーンを企画する出版社が他にないようで、重宝がられているという話も聞きました。そのラーメンは、私は確認してませんが、物によっては高額なプレミアムがついて取引されるほど、一部のマニアの間では評判になっているとか、そんな話も聞きました。

私も、何種類か食べたことがありますが、味は美味しいです。ただ量は少ないですけどね。当然、マニアの人は食べないで、そのまま保存しているのでしょうね。

 

では、どんなキャンペーンが過去に行われてきたのか、たちばな出版のホームページを参照して、主なものをピックアップしてみました。知らないものもたくさんありました。

 

  • ヤッターマン ポテトチップスキャンペーン

 

 

  • ジャングル大帝 ラーメンキャンペーン
  • ゲゲゲの鬼太郎焼きそば弁当キャンペーン

 

 

  • ラーメンの鉄人28号キャンペーン
  • ガッチャマンが魔を打ち払う 魔ヨネーズキャンペーン
  • ゴジラーメン キャンペーン
  • 天童よしみの魔よけヌードルキャンペーン
  • ハクション大魔王 クシャミキャンペーン
  • 魔女っ子メグちゃん 魔女ごのみキャンペーン
  • 仮面の忍者赤影ラーメンキャンペーン
  • アトム・ラーメンキャンペーン
  • ブラックジャックのプチU.F.O.キャンペーン

 

 

  • トマトジュースを飲んで、アトムのように空飛ぼうキャンペーン
  • ハローキティのうどんを食べようキャンペーン
  • 宇宙戦艦ヤマトキャンペーン
  • ゲゲゲの鬼太郎ラーメンキャンペーン

 

 

  • ウルトラマンキャンペーン 茶わっ!
  • 星がる宇宙人銀河鉄道999ラーメンキャンペーン

 

 

キャラクターに関しては現役のものもありますが、多くは往年の名作のようですから、幅広い年代に受け入れられるのではないでしょうか。

もしこれを全部集めている人がいたら、すごいですね。私はこの中の4分の1くらいしか、実物を見たことがありません。お菓子やジュースまであるとは、今回初めて知りました。ラーメンだけでは無いんですね。焼きそばは見たことありましたけど。

ところでたちばな出版のホームページに、社長の深見東州(半田晴久)さんの挨拶が掲載されていましたので、そこから一部を引用します。

 

会社とは収益をあげることを一つの目的とするものですが、弊社は80%の収益の追求と20%の遊びを追求しております。
収益がなければ会社は存続できませんから、80%はしっかり収益の追求をする。しかし、20%の遊びがないと、徐々に萎縮し枯渇してしまうというのも会社であると思います。遊びの中から新しいもの、思い切ったものが生まれ、これまでなかった新しいヒントが生まれるということがあるわけです。

会社にとっての遊びとは、役には立たないもの、売れない物、しかしながら面白い物の追求だといえます。
作った物を確実に全部売らなければいけないとなると、人間は萎縮してしまいます。だから、売れなくて在庫に残ってもいいと腹を決めるのです。こういう遊びがあるから、夢とロマンを持つことが出来、自由な発想が生まれるのではないでしょうか。
このように確実に収益を確保する部分と夢とロマンを求めるところ、両方あるのが常に新しい発展と脱皮をする会社だと考えております。

 

なるほどですね。このような考えのもとに、こういうキャンペーンもあるのでしょうか。その昔、生簀を書店の中に持ち込み、生きのいい鯛を泳がせ、本を買った人に釣堀を楽しんでもらうという企画も実行したそうです。さすがに私は本屋で見かけたことはありませんが、よくそんな企画を思いつき実行されるなと驚きますね。遊び心がなくしては到底できませんよね。

しかしそれを、去年のシニアゴルフトーナメントの会場でもされていたようで、大変な賑わいだったと聞きました。たちばな出版のキャンペーンのノウハウが活かされていたんでしょうね。

それから、キャンペーンが終始一貫してダジャレに満ちているところは、みすず学苑と共通してますね。まだたちばな出版の方が、やや控えめかもしれません。書店が相手ですから、あまり冗談が過ぎてもいけないのかもしれませんね。

 

さらに、深見東州さんの挨拶から引用します。

 特に出版社というのは、創造的な人たちが必要です。あまりに数値を追求したり、四角四面だと物作りの人たちは枯れてきます。ときどき、思い切った遊びをやって活性化する。そして常に創造的な人を募って斬新なものを作っては徹底して売り込む。これが我が社のモットーとしているところです。

また、斬新でユニークで強烈な販売キャンペーン、一人ひとりが二ひねり三ひねりのある最強の営業マン軍団。これも出版業界では異色の存在だといわれています。それは、販売戦略や販売戦術、また一人ひとりの営業マンの教育においても、決して20%の遊びを忘れない社風から来るものであります。

また、例えば、教養文庫というのは遊びの一環で、「本当にいい本なのにどこにも見あたらない、是非読みたい」という一部のマニアのために創刊されました。勿論、良書を廉価で読者の方々にお届けしたい、という気持ちでしたが、収益性のみを追求してはできなかった試みでしょう。
今では一部のマニアには大変喜ばれ、心待ちにされております。これからも、こういうバラバラな発展エネルギーをいつも失わずにいたいと思っています。

 

ということですが、営業マンの人たちもコスプレをして書店の営業に行っているそうです。ツイッターにも、たまに書店に現れたコスプレ営業マンの写真が登場してますね。あの姿で電車に乗って移動しているとすると、かなりのツワモノですね。感心します。

たしか、たちばな出版の以前のホームページには、いろいろなコスプレで、過激に変身した営業の人たちの写真が掲載されてました。今は無くなっているようですが、代わりにコスプレした営業車、いえ改造車が掲載されていました。とても可愛い動物カーです。街でこんなの見かけたら、思わず寄って行って動物の頭を触ってみたくなりそうですね。

 

最後に、ツイッターで、評判を見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちひろ

深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。 それから数年、この人はただ者ではないとい...

プロフィール

関連記事を読む

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA