ベイビー・フェイスも、3/17舞浜「深見東州と、友人達のコンサート」に出演

3月17日に行われる「深見東州と、友人達のコンサート」に出演するベイビー・フェイスも、デービット・フォスターに引けを取らない驚異的な大成功を収めたプロデューサーであり、コンポーザーですね。

マライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、マドンナ、セリーヌ・ディオン、ビヨンセ・アリアナ・グランデ、トニー・バクストン、ボーイズIIメン、TLCのような大スターか、後にスターになるミュージシャンをプロデュースしてきました。ソロ活動では、プロデューサーとしての桁違いな大成功ほどではありませんけど、やはり大きな成功を収めていますね。最近はソロ活動にも、また力を入れているとのことです。グラミー賞の常連で、これまでに11個受賞しています。

デービット・フォスターや、ベイビー・フェイスのような、世界の音楽界の大御所であり重鎮と言える人たちと一緒に共演するんですから、深見東州さんもどこまですごい人なのだろうと思いますね。普通はありえないことですよね。こういう超大成功した人たちというのは、お金だけで動く人たちではないですから、互いに共鳴する何かがあったのか、その辺のところも聞きたいところです。

デービット・フォスターは、マイケル・ボルトンやピーター・セテラから深見東州さんのことを聞いていたのでしょうね。なにか深いつながりや信頼関係がないと実現しないコンサートなのは間違いないでしょう。

この先は、いったいどうなっていくんでしょうね。クラシック界では、ドミンゴとカレーラスという頂点に立つ人たちと共演し、ポップミュージックの世界では、早くもここまでされるとは想像できませんでした。もうこれ以上のメンバーとの共演はあるのかなと思います。

ここで、何曲か、ベイビー・フェイスの曲の動画を貼り付けておきます。R&Bですが、アダルトで洗練された素敵な音楽だと思います。ジャンルも関係ない感じがしますね。

 

どこかAORっぽいナンバーですね。ヴォーカルもなかなかのものです。

 

アコースティックなサウンドがとってもいい感じですね。震えるような繊細な声も魅力な気がします。この曲がソロで一番ヒットしたそうです。

 

これはバックのメンバーも豪華で、かっこいい曲です。

 

 

こういうダンスナンバーもいいですね。かなり初期のソロです。80年代の終わりから90年代にかけて、ソロのヒット曲を連発していたようですね。

ここでツイッターに今回の「深見東州と、友人達のコンサート」の広告が流れていましたので掲載します。今回、なぜ、エアアジアが後援なのかなと疑問に思っていたら、デービット・フォスターと、こういうことだったんですね。

 

 

それから深見東州さんは、年齢こそ今年で65歳になるそうですが、音楽的にはまだまだこれから伸びていかれそうな勢いです。今回の「深見東州と、友人達のコンサート」の出演者の中で、唯一まだピークを迎えていないのが深見東州さんと、次に紹介するキャサリン・ジェンキンスさんではないかと思います。

キャサリン・ジェンキンスは、イギリスのメゾソプラノ歌手ですからクラシック畑の人ですね。しかし、サラブライトマンのように、ポップスとクロスオーバーした歌手として成功します。

深見東州さんのように、クラシックのしっかりとした歌唱力を持ってる人が上手にポップスも歌えるかというと、必ずしもそうではなく、むしろ下手な歌手の方が多いようです。深見東州さんのようにポップスはポップスの、ジャズはジャズの歌い方を知らないと、うまく歌えないようです。深見東州さんは、そのあたりのことをオーストラリアのエディス・コーエン大学芸術学部在学中に、しっかりと習われたと聞きました。

このキャサリン・ジェンキンスさんは、両方上手に歌いこなせる人なのでしょう。アメリカではこれからのようですが、イギリスを中心に絶大な人気があります。デービット・フォスターは、クラシックとのクロスオーバーミュージックの分野に、近年とても力が入ってますが、2009年のキャサリンの「ビリーブ」というアルバムで、一緒に仕事をしたそうです。この先が楽しみな人だと思います。英国のロイヤル・ファミリーのお気に入りの歌手というのもいいですね。

 

深見東州さんも、英国の王室の人たちに友人が多いみたいで、ハリー王子たちが立ち上げた慈善団体サンタバリーの支援も、世界開発機構を通じてされてきました。また、深見東州(半田晴久)さんが社長のミスズが、「ロベルト・カヴァリ by フランク ミュラー」の日本代理店になった時のローンチパーティに、エリザベス女王の孫であるピーター・フィリップス氏の妻になるオータム・フィリップスさんと、同じく孫であるザラ・フィリップスさんの夫になるマイク・ティンダル氏がゲストで来ていました。

マイク・ティンダル氏は、元ラグビーイングランド代表の主将で、スポーツ関係などでも、よく深見東州さんと一緒に活動されているようです。

 

話が逸れましたけど、そういう関係でキャサリンとも知り合いになられたのでしょうか?

それはよくわかりませんが、キャサリン・ジェイキンスさんの曲も、ここで聴いてみたいと思います。まず、来日用に作られたビデオでしょうか、こちらを見ると、どんな人なのか参考になります。

 

あとは、私の歌の好みで、ミュージックビデオがあるものから選んでみました。