世界人権サミット、人身売買の実態と撲滅に向けて

昨年12月に世界開発協力機構(深見東州総裁)が主催した世界人権サミットのことが、毎日新聞に掲載されてました。わかりやすく当日のポイントが整理されています。

 

zinken5

毎日新聞2016/1/25

 

第一部は、非公開の会議でしたが、人身売買は、今や巨大なビジネスになっているとの指摘がなされています。そして、グローバルな公共政策と同時に、貧困と腐敗を一掃するローカルな対策が必要との、大きな枠組みが提示されています。

日本で普通に暮らしていると、ほとんど人身売買の様子はわかりませんし、また、マスコミもそれほど報道しているように思えません。しかしながら、日本は人身売買に多く関わる国として、アメリカからも再三指摘を受けていたことも、今回のサミットで知りました。日本は人身売買の買い手国として、また中継国として、知らないところで人身売買がなされているそうです。

表に出てきた事件でいうと、ほとんどが強制売春などの性的搾取ですね。愛人にしたり結婚が目的の売買もあります。結婚は、お互いがそれで幸せになるならともかく、多くは騙されて日本に連れてこられるケースが多いようです。悲しいことです。背景には苦しい生活や不自由な生活があり、日本に行けばもっといい暮らしができると簡単に騙されてしまうのでしょう。当然女性が多く、取引の需要あることも恥ずかしいことですが、それが実態なんですね。

 

日本以外では、子供たちをまるで商品のように世界中で売買しています。強制労働させられる人たちも多く、安価な商品の中には、そういう人たちの強制労働によって作られたものもあるのでしょう。

深見東州さんは、国内では十分に認識されてないものの、人身売買はテロや貧困とも密接に関係していると言われていました。人身売買には、テロ組織が大きく関与しているようで、実際に兵士として教育し、自爆テロに使ったりしているとニュースで報道された事もあります。とても根が深い問題であり、表に出てきにくい複雑な事情もあるので、余計に対策を遅らせているようにも感じます。

人間の尊厳というものをまるで無視した、人道的に許されない犯罪なので、今回このような世界人権サミットが開催された意義は大きかったと思います。こうやって多くの人の目に触れることが大事であり、そこから政治家も動き、民間組織も動き、撲滅へと向かって欲しいですね。今回は政府の高官も出席していましたから、余計に効果的だったと思いますし、何よりグローバルに世界の専門家が集まって発信するメッセージは、影響力も大きいのではないかと思います。

 

 zinken6

毎日新聞2016/1/25

 

企画者として、主宰者として、モデレーターとして、深見東州さんは今回も八面六臂の活躍でした。このような人権に関わる諸問題、そして密接に関わりがある民主的な選挙の推進など、アジアを中心にこれまで大いに取り組んでこられています。貧困も紛争も人権も民主化も教育も、すべては関連してつながっていますし、また、国を超えて取り組まなければ解決しない問題が多いと思います。なので深見東州さんのようにグローバルな視点を持って活動し、様々な問題解決に取り組んだ経験豊富な人が中心になっていけば、希望が見えてくるのではないかと思った今回のサミットでした。