良き日本の道を選択する目を養うために

世界オピニオンリーダーズサミット

IMG_1wr
日刊スポーツ 2014/10/23
トニー・ブレア元英国首相は、「面白い人が日本にいるんだ」と、深見東州さんのことを世界各国で紹介しているそうです。相手の人が、「その人は何をしている人か」と聞いてくれば、「何をやらない人なのかを聞いてくれ」と返事をするそうです。つまり深見東州さんが多才で活動も様々な分野にわたるため、全部答えることが大変だということなのでしょう。
そういう気の利いた答え方もあるんだなと感心しました。
さて、新聞記事にもすこし書かれてますが、このサミットは、世界の現状を正しくとらえ、良き日本の道を選択する目を養うことを目的に開催されているそうです。
先見性があり、正しく世界をとらえ、すすむべき方向性を示してくれるオピニオンリーダーの話を聞くことは、本当に重要なことだと思います。
本を読むだけでは得られない知識と考え方が学べた一日でした。