20周年記念、深見東州バースデー書画個展が開催

毎年深見東州さんの誕生日に開催される、深見東州バースデー書画個展は、今年で20周年になるようですね。

タイトルは「山があっても山梨県。書画があっても、生姜はない個展!!」ということで、なぜか山梨県が登場します。そういえば、山を描いた作品が、いつもかなり多いですけどね。今年はどうなんでしょうか。

http://toshu-fukami.info/2_event/2_event-047.html

レオナルド・ダ・ヴィンチや空海、本阿弥光悦に勝ることはできません。しかし、素晴しいところを学び、手がけなかったことをやれば、個性が輝きます。彼らに追いつき、追い越そうとする気概や研究、努力が尊いのです。これを50年続けるのが、深見東州の“劣るとも勝らない美学”です。また、深見氏は、江戸千家新柳派の茶道師範であり、嵯峨御流の華道師範でもあります。そこで今回は、書画展にお茶会と華道を融合させます。また、深見氏は画家ですが、美術評論家でもあります。氏が集めた絵画56点の中から、約20点展示します。代表作や、時代を代表する作品ばかりです。いわば、「バースディ書画個展」と「他人の書画展」の融合です。

2020年 3月18日(水)~24日(火) 11:00~21:00(最終日は17:00 まで)

会場:泉ガーデンギャラリー

  〒106-0032 東京都港区六本木1-5-2

同時開催 バースディ時計宝飾展!!

2020年 3月18日(水)~22日(日) 12:00~22:00頃

会場:ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター

  〒106-0032 東京都港区六本木1-5-2 住友不動産六本木グランドタワー 9階

主催:東京芸術財団

共催:株式会社ミスズ 株式会社たちばな出版

今回は、美術評論家として、深見東州さんのコレクションの中から、有名画家の作品も展示されるようです。解説もされるのかもしれませんね。

また、深見東州さんは茶道も華道も、師範の免状を取得する腕前ですが、それを今回の書画展に融合させるとなってますね。茶道のお点前や、生け花も実演される予定があるんでしょうかね。

ここ最近、必要なこと以外は、家にいることがめっきり増えてますけど、ぼちぼち出かけてみようかと思います。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG