男子トッププロも集結、JGTOとISPS共催のチャリティーレギュラートーナメント

日本の男子ゴルフ、レギュラーツアーは無観客ながら、ようやく国内で2試合目が開催されました。10月中旬に開催された日本オープンでは、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手が優勝かと思いましたけど、最終ホールで稲森祐貴選手が抜け出し優勝しましたね。

大接戦で、3日目終了時はトップだっただけに、谷原選手の悔しそうな表情が印象に残ってます。ここ数年は欧州ツアーを拠点にしていましたけど、国内に戻ってきて、さっそく国内日本一を決める大会でトップレベルの実力を示せたことはよかったと思います。

その直前に行われた国際スポーツ振興協会主催のジャンボ尾崎記念チャリティートーナメントでも、非公式の2日間大会でしたけど優勝していますからね。欧州各国を転戦して培った実力は、年齢から来る衰えをカバーするに十分な経験になったのではと思います。

さて、次の試合は11月中旬の三井住友VISA太平洋マスターズまで、かなり間が空きます。ちょうどその間に、非公式のツアーではありますが、日本ゴルフツアー機構と国際スポーツ振興協会の共催により、「ISPS HANDA コロナに喝!! チャリティーレギュラートーナメント 」が、福島県いわき市で開催されます。

この試合も、日本オープンで激戦を演じた稲森選手と谷原選手をはじめとするトップ選手ら、レギュラーツアーに出場する多くの選手が出場しますね。

https://www.isps.or.jp/wp-content/uploads/2020/10/1R.pdf

そして、なんと言っても観客を入れて、通常に近い形で行われます。欧米では第2波の感染拡大にさらされていますが、日本では感染爆発の兆候は今のところみられませんし、プロ野球など、ほかのプロスポーツも大規模に観客を入れ始めましたので、そろそろゴルフツアーも観客を入れる形に戻してもいいように思いますけどね。経済効果も大きいでしょうから。

ちなみに今回の大会もギャラリーの入場は無料です。ただ感染防止対策上、体温が37.5度以上あると入場ができないようです。

それから、今回もいっそうの充実したおもてなしが予定されているようですね。

毎日お弁当が出るツアーなんて、なかなか聞いたことないですよね。しかも豚汁とかぜんざいとか、おでんなどの食べ放題が順次提供され、くわえて常時焼き芋や果物が用意されているという充実ぶりですね。ハロウィンにちなんだ駄菓子もプレゼントされるそうです。家族できても楽しめそうな企画になってますね。

そして本戦の3日間は、YouTube LIVEで中継もするそうです。解説は大町昭義さんですけど、深見東州さんも乱入されるかもしれませんね。

1日目:10月29日(木) 午前7時半スタート 午後3時45分終了(予定)

https://youtu.be/YEa4wGv0Qc8

2日目:10月30日(金) 午前7時半スタート 午後3時45分終了(予定)

https://youtu.be/qnvHDOBIac4

3日目:10月31日(土) 午前7時半スタート 午後3時45分終了(予定)

https://youtu.be/sY1cSiEJwGk

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG