深見東州さんが、欧州男子ツアー「UKスイング」2試合の支援を決定

国内の女子プロゴルフツアーは、8月に、「NEC軽井沢72」が開催されることが決まりましたね。ただし、6月の今季開幕戦となった「アースモンダミンカップ」同様、ギャラリーを入れない試合になるそうですけどね。

海外のゴルフツアーは、米国男子ツアーが6月2週目から再開しましたが、こちらも9月の全米オープンまでは、今のところ無観客での開催が決まっているそうです。

あちらは、次のホールへ移動する際に、選手と観客がハイタッチしたり、至近距離で接しますからね。屋外スポーツとはいえ、それが無難かもしれませんね。

欧州男子ツアーも7月の第2週から4ヶ月ぶりに再開されました。今のところ順調に毎週開催されているようです。

しかし全米ツアーもPCR検査を事前に行っているそうですが、毎回大会関係者から数名の陽性者が出ているようなので、緊迫した運営を迫られているでしょうね。

しかも、日本もそうですが、出入国の際に隔離などの入国制限が続いている国もありますし、ゴルファーの国をまたぐ移動にも、なかなか困難が多いかと思います。

8月の全英オープン女子に出場する日本の女子選手も、日本に帰国した際は2週間の隔離になるそうです。また、米国ツアーに出場するための米国入りも、感染リスクもさることながら、2週間の自主隔離もあるので、今は渡米するにも躊躇しますよね。

そんな中、米国女子ツアーも、明日7月31日から、2月の「ISPS HANDA オーストラリア女子オープン」以来、5ヶ月半ぶりに再開します。こちらも当面の5試合はギャラリーなしでの開催になりますが、そこに日本からも河本結選手や野村敏京、山口すず夏選手が出場しますので、コロナに負けず、がんばってほしいですね。

また、国際スポーツ振興協会のアンバサダーである、レクシー・トンプソン、リディア・コ、ミンジー・リー選手も出場するので注目しています。

そのように、世界の主要ツアーも徐々に再開されていく中で、国際スポーツ振興協会が新たにスポンサードする大会が報道されていました。欧州男子ツアーで、8月に英国で開催されるウェールズオープンと、UK選手権の2試合のタイトルスポンサーに決まったそうです。

今年は米国も欧州ツアーも、コロナの感染拡大によってスケジュールが大きく変わっていますが、この国際スポーツ振興協会がスポンサードする大会も、欧州男子ツアーに新たに企画された「UKスイング」という6試合に及ぶシリーズ戦です。そのうちの2試合を支援することに決まったそうです。

初戦が、先週7月22日から開催された「ベットフレッド英国マスターズ」で、こちらは国際スポーツ振興協会のアンバサダーのリー・ウェストウッド選手がホストを務めました。そして、今週30日から「ヒーローオープン」、8月6日から「イングリッシュ選手権」、8月13日から「セルティッククラシック」、同20日から「ISPS HANDA ウェールズオープン」、そして27日から最終戦「ISPS HANDA UK選手権」が開催されます。

「ウェールズオープン」は、以前もISPS HANDAの冠大会として、2012年から2014年まで3度開催されました。その後は開催がなく、6年ぶりの復活になりますね。「UK選手権」もですが、いずれもライダーカップの名勝負が行われたコースで開催されるそうです。

そして、シリーズランキング上位10名には、9月開催予定の「全米オープン」の出場権が付与されるそうです。

ヨーロッパで最大の感染者と死者を出した英国ですが、ぜひ、この「UKスイング」が、復興へのきっかけになるといいですけどね。深見東州さんのことですから、そのような願いも込めて支援を決定したのではないかと思います。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG