明るすぎる劇団・東州の新作がHANDA .TVで上映中

深見東州さんが立ち上げ、団長を務める「明るすぎる劇団・東州」の新作を、久しぶりに見ることができました。

去年、年末のクリスマスイベントでも披露していたようですけどね。今回、HANDA .TVで、その新作「ふつうのサル」が上映されています。去年の10月ごろに、福岡市で上演されたものだそうです。

十分なパフォーマンスができる会場ではなかったようですが、思わずクスリと笑いがこぼれる演劇に仕上がっていました。初めは、例によって深見東州さん得意の言葉のギャグが連発されますが、それだけで終わるのかと思ったら、意外な展開が待っていました。そして、さらに不思議な結末で終わるという、短い作品ながら、二転三転する、なかなか凝った展開でしたね。

ちょっぴり社会の風潮に対する、風刺も効いていて、それでいて最後はハッピーエンディングになるところが、なかなかいい感じでした。途中、ミュージカル風にダンスも入ります。

興味がある人は、HANDA .TV の「福岡時計宝飾展」から、無料で視聴できますね。

福岡での時計宝飾展、そして「深見東州の福岡は世界一コンサート」の様子がわかる短いビデオもありました。

HANDA .TVで見る方が、しっかりとその世界を理解できると思いますけどね。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG