国際スポーツ振興協会(ISPS)と日本ゴルフツアー機構(JGTO )の記者会見

国際スポーツ振興協会の半田晴久(深見東州さん)会長と、日本ゴルフツアー機構が、10月8日、都内で記者会経験を開いていました。

内容は、前回の記事でお知らせした「ISPS HANDA コロナに喝!! チャリティー・チャレンジトーナメント」(10月14日~16日・ロックヒルゴルフクラブ レイクコース)と、「ISPS HANDA コロナに喝!! チャリティーレギュラートーナメント」(10月29日~31日・五浦庭園カントリークラブ)の2試合の発表でした。

新たな情報としては、参加選手は獲得賞金の10%をチャリティーとして寄付するそうです。

ゴルフダイジェスト・オンライン

2018年を最後に国内男子ツアーのスポンサーから退いていた一般社団法人「国際スポーツ振興協会」(ISPS)の半田晴久会長…

ゴルフ情報 ALBA.Net

国内男子ツアーで10月に行われるエキシビショントーナメント2試合の記者発表が8日(木)に行われ、主催のISPS(国際スポ…

zakzak

国際スポーツ振興協会(ISPS)と日本ゴルフツアー機構(JGTO)は8日、都内で新規チャリティー大会の開催を発表した。「…

スポーツ報知

 一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)は8日、男子ゴルフのエキシビション形式のチャリティートーナメントを今月2大…

日本ゴルフツアー機構 - The Official Site of JAPAN GOLF TOUR

公認のトーナメントではなく、エキシビションマッチにした理由もわかりました。男子ツアーのシード権を持つゴルファーの4割が海外選手なので、そこに配慮されたようですね。とはいえ、日本では試合をやりたいというゴルファーたちの声があるので、どちらも満足させられる形式にしたようです。

少し前にみた報道では、来年にレギュラー2試合、チャレンジ1試合を開催する予定と書かれていて、ただ年内に開催してほしいというJGTOの要望もあるので、検討中と書かれてましたね。

それでやはり、年内の開催を決断されたのでしょう。今、若手のゴルファーの中には試合が無くなり、かなり苦しい選手もいるようです。ベテラン選手でも試合がないと、モチベーションが上がらないと言ってましたけどね。

また、エキシビションマッチにすると、下位の選手にも賞金が行き渡りやすくなるのでありがたいと、選手からも言われたそうです。それも踏まえてのことでしょうけど、予選落ちした選手にも6万円を出すことにしたそうです。それ以外にも、多くの賞を儲けるそうです。

そして、JGTOの青木功会長も表彰式には出席し、プロアマにも参加するそうですね。深見東州さんともラウンドする予定のようです。

JGTOとの間には、一昨年に運営面での疑問から問題が生じてましたけど、オフィシャルな場でも謝罪を頂いたということなので、これでもう大丈夫なようですね。

さらに、来年の男子ツアーに復帰し、公式戦としてレギュラー2試合、下部1試合の3試合を開催できないか考えていることにも言及しました。来年のツアーも、かなり厳しい状況になると予測されますが、もともとツアーから撤退したときに、試合数が10試合を割るようなことがあれば復帰すると言われてました。

今年はともかく、来年そこまで減ることはないでしょうけどね。今回の2試合の主催に関しては、どんな形であれ、選手に戦う場と賞金を渡せる場を作りたいと考えて決断したそうです。

なんだか、相撲のタニマチのような感じですけど、無償で応援してくれるスポンサーがいることは、本当にありがたいことですよね。

それから今回の試合も、感染症対策は万全にした上で、ギャラリーの人たちへのサービスもすごいですね。これだと、近くに住んでる人はゴルフを知らなくても出かけてしまいそうですね。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG