世界の4ツアーによる、ISPS HANDA VIC OPENが2月7日から開催

ハンダカップ

今年から、ヴィクオープンが、ISPS HANDAの冠大会として開催されるそうです。ヴィクオープンというのは、おそらくヴィクトリア・オープンから来てると思いますが、オーストラリアのヴィクトリア州で開催されている男女のプロゴルフトーナメントのことです。ヴィクトリア州は、首都メルボルンがある、オーストラリア東南部海岸に位置する州ですね。

 

オーストラリアは観光誘致のため、州政府が積極的にイベントを支援するようですが、この大会もそのような大会だと思われます。ゴルフ・オーストラリアが主催する大会ですが、大会の命名権を持つパートナーに、今年から2年間、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会が決まったそうです。他にもプラチナ・パートナー企業、チャンピオンシップパートナー企業などが協力し、また、政府パートナーとしてヴィクトリア州政府の名前もありますね。このように国が支援するところが、日本のゴルフトーナメントの仕組みとは違うところですね。

 

 

それからユニークなのは、この大会は男女が同じコースで、同じ賞金額をかけて行われるそうです。もちろん、スコアは男女に分かれて記録されます。

ちなみに女子は女子ヴィクオープンという大会名で、オーストラリア女子ゴルフツアー(ALPG)のひとつとして開催され、男子は男子ヴィクトリアン・オープン選手権という大会名で、ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジアの一つとして開催されていたようです。

そして今年から、男子は欧州男子ツアーが、女子は米国女子ツアーが加わり、世界の4つのツアーによって開催されることになりました。

 

 

オーストラリアも、日本同様に組織が色々分かれていてややこしいですが、ゴルフオーストラリアは、2006年に旧全豪ゴルフ協会 (AGU)と旧全豪女子プロゴルフ協会(WGA)の合併により設立されたオーストラリアのゴルフ団体を統括する団体になるそうです。

男子のエレミーツ・オーストラリアン・オープン(ISPS HANDA PGAツアーオブオーストラレイジア)や、ISPS HANDA オーストラリアン女子オープン(ALPG)のような伝統あるナショナルフラッグの大会を運営しています。

しかし、男子にはオーストラリアPGAが主催する、オーストラリアPGA選手権というナショナルフラッグの大会もあります。こちらは歴史は浅いですが、オーストラリア最強を決める大会と言われ、2015年からは、欧州男子ツアーとISPS HANDA PGAツアーオブオーストラレイジアの共催になりました。

 

実は深見東州さんは、ゴルフオーストラリアの総裁兼国際大使を務めています。また、オーストラリアPGAでも総裁を務め、オーストラリアの男子プロゴルフツアーは、国際スポーツ振興協会と合体したような感じで、ISPS HANDA PGAツアーオブオーストラレイジアになりました。

以前は、この2つの組織はあまり良い関係ではなかったようですが、深見東州さんがその両方に入ったことで、今は良い方向に変わっているのかもしれませんね。

 

 

今回のISPS HANDA ヴィクオープンですが、昨年はミンジー・リーがぶっちぎりの優勝を飾りました。しかし、今年は米国女子ゴルフツアーとの共同開催になり、しかも翌週は、同じオーストラリアで、ISPS HANDA オーストラリアン女子オープンが開催されます。この大会は、米国女子ゴルフツアー、欧州女子ゴルフツアー、ALPGツアーの3者共催で、毎年世界の強豪選手が参加します。なので、前週のヴィク・オープンから参加する強豪選手も多くなるでしょう。

 

また、男子に関しても、翌週も欧州男子ツアーとISPS HANDA PGAツアーオブオーストラレイジアの共催で、ISPS HANDA ワールドスーパー6パースが開催されます。昨年のヴィクトリアン・オープン選手権はほとんどオーストラリア選手でしたけど、今年は欧州の強豪選手も参加することになると思います。

なを、女子選手の戦いは、米国女子ツアー2戦目、3戦目ということで、どちらもWOWOWでライブ中継されるそうです。

ちひろ

深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。 それから数年、この人はただ者ではないとい...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事を読む

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA