レオナルドTOSHU(深見東州・半田晴久)ポッドキャスト Vol.36

深見東州さんは、NACK5のラジオ番組「レオナルドTOSHUの遊びがNight」のパーソナリティーを、2009年4月から3年間務めていました。DJロニさんとの絶妙なコンビの、楽しい番組でした。

その放送とは別に、オリジナルコンテンツとして、「レオナルドTOSHUの年中非日常的ポッドキャスト」「レオナルドTOSHUの年中非日常的ザ・ムービー」の二つのシリーズが配信されていました。今日はその、「レオナルドTOSHUの年中非日常的ポッドキャスト」の中から、VOL36の内容を紹介します。

 

リスナーからの質問は、「前世について教えてください。前世がわかることはいいことなのでしょうか。もし、わかった場合はどのように実生活にいかせばいいのでしょうか」という、前世に関する質問でした。

前世というと、「前前前世から君を探し始めたよ」のフレーズが頭をよぎってしまう私ですけど、こちらの質問をした方は、自分自身の体験を混じえ、かなり真剣なものになっています。

 

深見東州さんによると、学問をしてきたエッセンス、芸術をしてきたエッセンス、信仰をしたきたエッセンスというのは魂に残り、それが才能となって持ち越されていくということです。たとえば、音楽や美術でも、小さい頃から才能を持っている人がいますけど、そんな理由があるからのようです。もし、そういう才能が自分にあるとわかったら、それを伸ばせばいいのでは、というアドバイスです。そこから、さらに興味深い話へとすすみますが、続きはお聞きください。

 

今調子が良い人も電池は切れますから、という話や、自殺だけは死んでもしないように、というお話も興味深い内容でした。

 

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG