コロナのために中止になった、深見東州さんが関わるイベント

世界的に見ると、コロナウィルスの感染拡大は、まだまだ続いていますね。ここしばらく、日本では感染者の発生が少なく、いい状況になってきましたけどね。世界全体ではそうはいかないようです。

そのため、今年、深見東州さんが関係しているいくつかのイベントが中止や延期になっていました。

本当でしたら、この5月には、カナダのハーグでインビクタスゲーム (傷痍軍人のための国際スポーツ大会)が開催される予定でした。5月9日~16日だったそうです。深見東州さんの国際スポーツ振興協会も、パートナーとして支援してきました。

もちろん、今回は開催できるはずがありませんので、早々と来年への延期が決まっていました。来年のオリンピック前の5月か6月が有力のようですね。

それまでには、なんとか良いワクチンも開発され、感染が収束するといいですけどね。もしもその時期まで、感染が収束できないようでしたら、東京オリンピックも危うくなるでしょう。インビクタスゲームの出場選手のなかには、おそらくパラリンピックにも出場する選手がたくさんいると思われますので、どちらも開催できるといいですけどね。

そして、もう一つ大きなイベントで、オペラオーストラリアが、シドニー湾内の特設会場で毎年開催するのが、ハンダオペラ・オン・シドニー・ハーバー(Handa Opera on Sydney Harbour)です。

こちらは3月から4月にかけて、毎年開催されますが、今季は中止ということにな りました。来年、無事に収まっていれば、来年の同時期に今年開催予定だった椿姫(ラ・トラヴィアータ)が、上演されると思います。こちらの動画は、3年前のアイーダのステージです。

まだ、いつからステージが再開できるのかも、見通しが立っていないでしょうから詳細はよくわかりません。

今季のオペラオーストラリアのスケジュールは、10月くらいからは、いくつか公演が入っていました。

それから、昨年に続き、8月初旬にアイルランドで開催が決まっていた「ISPSハンダ・ワールドインビテーショナル」も、今年のツアーは中止になったり、シーズン後半にビッグトーナメントが移動するなどしていますので、今のところ開催は難しい状況なのかもしれません。

アイルランドは英国ほどではないようですが、英国やイタリアなど欧州での感染爆発による被害は想像以上に大きいでしょうからね。もしも夏までに収まっているようでしたら、復興のためにも開催されるかもしれませんけどね。

ナイル・ホーランのモデスト・ゴルフの主催で、去年は大好評だったようで、ライブも行われたり多くの人が楽しんだようでした。男子のチャレンジツアーと女子のステップアップを同時・同額で開催し、のべ3万人が会場に来たそうです。

今年はさらに格上げされ、欧州男子ツアー、欧州女子ツアーとして、男女同時開催・男女同額賞金で、さらにスケールアップして開催される予定になっていました。

みんなそうだとは思いますが、特にスポーツ選手や、オペラ歌手は、イベントが全て中止になるなど、ほとんど仕事にならないでしょうから大変でしょう。今しばらくの我慢なんでしょうけどね。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG