カナダ元首相が来日、第5回世界オピニオンリーダーズサミットを開催

深見東州さんが総裁を務める世界開発協力機構は、今月17日に、第5回世界オピニオンリーダーズサミットを開催するそうです。もうすぐですけどね。場所は、昨年オバマ元大統領を呼んだときと同じ、ベルサール高田馬場の地下2階の会場になるそうです。 あの時は、2000人くらいの人が来て満員でしたけば、今回も同じような規模になるのでしょう。

そして、今回のメインゲストは、カナダの元首相、スティーヴン・ハーパー氏が来日するそうです。今のイケメンのトルドー首相になる前に10年近く首相を務めていました。かなりの長期政権になりますね。その経験豊富なキャリアを活かして、今回は、「G7、G20の中で、日本はどうあるべきか」をテーマに議論を行うそうです。

https://wsd.or.jp/news/「第5回-世界オピニオンリーダーズサミット」を開/

日本からのパネリストとして、外務省出身の政治家が3人ほど参加する予定になっていますね。自民党の城内実さん、松川るいさん、立憲民主党の末松義規さんという、違う政党から出ますので熱い議論になるかもしれませんね。

松川るいさんという人は、初めて聞く人だったので、調べてみると2016年の参院選挙で大阪から初当選した人でした。週刊誌には、「美人キャリア官僚として有名で、かつては彼女を巡り、官僚同士が殴り合いの喧嘩をしたとの伝説がある」と書かれてましたが、現在は、外務官僚のご主人との間に2人のお子様がいるそうですけどね。

3人とも、外務官僚というエリートを捨てて、政治家の世界に飛び込んだ人たちなので、何か強い理想を持ってのことかもしれませんね。そんな話も聞いてみたい気がします。

長い間、日本は平和を享受してきましたけどね。さすがに、最近の国際情勢のややこしさの中では、いつまでも平和を享受できないような気がしてきました。なんとなくそう感じるだけで、複雑な国際情勢を理解しているわけではありませんが、カナダの元首相との議論を通して、この先の日本が進むべき良いヒントが出てくるといいですね。

カナダは、人口も国土も日本とは条件がかなり違いますが、G7の先進国であり、アメリカとの同盟国として、立場的に似たところもあるのでしょう。モデレーターを務める深見東州さんの力量で、素晴らしい話を引き出せることを期待したいと思います。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG