アーニー・エルス(ISPSアンバサダー)が、チャンピオンズツアー初優勝

南アフリカのアーニー・エルス選手が、米国シニアツアーであるチャンピオンズツアーで初優勝を飾りました。

今季からツアーに参戦し、デビュー戦のハワイでは2位に終わっていましたけど、ツアー3戦目にして堂々の初優勝です。

シニアといっても、チャンピオンズツアーには、世界から往年の強豪選手がたくさん出場しますから、ハイレベルの厳しい戦いが繰り広げられていると思います。

この10年余りは、ドイツのベルンハルト・ランガー選手が、ツアー参戦して以来12年間のうちの10回賞金王に輝き、通算41勝というものすごい記録を打ち立てています。ドイツでは、ゴルフはあまり人気がないそうですが、現役時代は欧州男子ツアーで42勝をあげ、2度の賞金王と、マスターズでも2度優勝を飾っていますね。1985年に世界ランキング精度が誕生した時の最初の1位になった選手でもあるそうです。

今季も早くも1勝していますが、すでに62歳ということで、次の世代はアーニーエルス選手が、担う一人になるかもしれませんね。

あと昨年、国際スポーツ振興協会のアンバサダーに就任した、スコットランドのコリン・モンゴメリー選手も、チャンピオンズツアーの常連で、これまでに5回の優勝を飾っています。コリン・モンゴメリー選手も、現役時代は欧州男子ツアーで31勝、賞金王には7年連続を含む8回輝いていますね。

そして、日本の井戸木 鴻樹選手も、現役時代こそ日本男子ツアーで2勝でしたけど、シニアになって賞金ランキング2位になり、チャンピオンズツアーのメジャーである、全米プロシニアゴルフ選手権への出場資格を得ました。そして、最終日に5打差を逆転しての劇的な優勝を飾っていました。国際スポーツ振興協会のアンバサダーでもあり、国際電話で深見東州さんが祝福の君が代を歌われたと書いてありましたね。米国のレギュラーツアー、シニアツアーを通して、日本男子選手初のメジャー大会制覇になりますから、すばらしいことですね。

アーニー・エルス選手も、次はシニアツアーにおいても、メジャー大会制覇と賞金王への期待がかかってきますね。

ゴルフ・グローバルという雑誌のインタビューでは、チャンピオンズ・ツアーは参加する権利を得たこと自体が名誉なことと話していました。だから、楽しみながら戦いたいということです。去年は、プレジデント・カップのインターナショナルチームキャプテンとして、スター選手揃いの米国チームをあと一歩まで追い詰めましたけどね。データーを重視した新たな編成方法が功を奏して、最終日の個人戦では逆転を許しましたけども、それまでのペアによるチーム戦では、かなり有利に進めていましたね。

ただ、2年後のキャプテンは、引き受けることをすでに辞退しているそうです。去年はゴルフ以外のビジネスにも、多くの時間を取られたそうですが、今年は練習もしっかりとやって、ゴルフとビジネスの両方ともバランスよく両立させていきたいそうです。

そしてアーニーエルス選手は、自閉症の子供たちを支援するチャリティー活動に、奥様とともに熱心に取り組んでいることも知られています。深見東州さんとも、タイミングが合うときに、ぜひ一緒にチャリティ活動ができればと語っていました。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG