MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

男子シニアゴルフは、来年さらに盛り上がりそうな展開へ

今日もゴルフのことですが、先日のハンダカップフィランスロピーシニアトーナメントでは、鉄人とよばれる室田淳選手のことも話題でした。最後の最後まで優秀争いで白熱したプレーを見せてくれたそうです。最終ホールで秋葉選手に逆転を許し優勝を持っていかれましたが、それでも2位でシニアの賞金王を確定しました。還暦で賞金王ですから、大変な偉業ですね。秋葉選手はシニアのルーキーですから10歳ほど年齢が違います。

 

それで勝ちを逃したことに対しては、「勝たなくてよかったです。これでいつか半田さん(深見東州さん)の試合に勝ってやろう、て思うから」とコメントしたそうです。さすが鉄人ですね。余裕が感じられます。なんでも、いつもハンダカップでは勝てないそうです。今回で33戦目のシニアのハンダカップでしたけど、もちろん全部には出てないでしょうけども、一度も優勝は無いそうです。鉄人は、それを次の大会への闘志にするのでしょう。

 

室田選手のすごいなと思うところは、59歳でレギュラーの賞金シードに復帰したことです。それもすごいことだと思います。
そんな室田選手はレギュラー初優勝が35歳ですから、どう見ても遅咲きの選手です。48歳で最少スコア62を記録して、『三井住友VISA太平洋マスターズ』で6度目のレギュラー優勝を飾ります。

同時並行で参加し始めたシニアでは、今年を入れて15回の優勝と、4度の賞金王を獲得していますね。まだまだこれからもシニアでは中心選手として、大活躍を見せてくれそうな感じです。

こちらの新聞記事でも、少し触れられていました。

 

SINIAGOLF3

レギュラーであまり活躍がなくなった選手が、再び活気を取り戻す面白さもシニアの醍醐味のようですね。また、来年からシニアになる選手も含めて、男子シニアも若手とベテランが入り混じった面白い展開になってきそうですね。深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会も、男子シニアの支援を続けると言われているようですし。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる