MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

2022年2月開催「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーセレクション supported by ISPS HANDA」に向けて5期生募集

2022年度の「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーセレクションsupported by ISPS HANDA」の参加者の募集が始まりました。今回の参加者の中から選出される門下生は、ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー5期生になるそうです。

ジャンボ尾崎さんは、日本男子ゴルフ界の最盛期に最高の実績を残したレジェンドゴルファーですが、最近は女子ゴルファー指導者としての手腕にも注目が集まっていますね。というのも、主宰する「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」から、世界や日本で大活躍する女子選手が何人も出ていますからね。

日本女子ツアー4勝の原英莉花さん、まだ未勝利ながらも何度も優勝争いを演じ、賞金ランク4位になった西郷真央さんの活躍は素晴らしいものがあります。

そして、すでにジャンボさんの門戸を叩いた時にはある程度出来上がっていて、ジャンボさんを驚かせたという笹生優花さんも、その後日本で2勝し、全米女子オープンでも優勝するという快挙を成し遂げました。今や世界のトップ選手になっていますよね。

さらに、佐久間朱莉さんという来年のツアーで活躍が期待される有望な女子選手もいるそうです。

女子選手の活躍ばかりが目立つのも皮肉ですけどね。というのも、ジャンボ尾崎さんは男子ゴルファーしか指導しないと言っていたそうです。ところが、まだ無名ながらも才能があるということで、芹沢名人から紹介されたのが原英莉花さんでした。その高いポテンシャルを見抜いて女子は教えないという信念を変え、女子の弟子第1号として預かることにしたそうです。

ジャンボ軍団として、たくさんの男子プロを育ててきた実績があるそうですが、女子選手の育成には原英莉花さんに出会うまでは関心がなかったのでしょうね。

その後2017年11月に「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」を設立し、2018年からは毎年男女数名のジュニアを門下生として指導するようになります。ちなみに西郷真央選手と1つ下の佐久間朱莉選手はともに第1期生になるそうです。

第1期生募集の時は「ジャンボ尾崎ジュニアレッスン会 supported by 0hole」ということで、ゼロホールというゴルファー専用のUVケアブランドがメインサポートしていました。深見東州さんのISPS HANDAも、第1回から支援していたそうですけどね。

2019年第2期の募集からは、「ジャンボ尾崎ジュニアレッスン会 supported by ISPS」と、ISPS HANDAがメインサポーターになりました。さらに今年2021年第4期募集からは「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーセレクション supported by ISPS HANDA」へと名前が変わりますが、ジュニア選手育成を支援するために、ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーへのサポートを継続してきました。

今年はじめに開催されたレッスン会では女子の希望者が多く、また可能性を持っている選手も多かったと、ジャンボ尾崎さんは語っていましたね。本当は男子にももっと頑張ってほしいし、育てたいと思っているそうですけどね。

今年女子の賞金王に輝いた稲見萌寧選手は、獲得賞金だけで約2億5500万を超えていました。それに対し男子の賞金王チャンキム選手は1億2760万ですから、勝利数とかの関係もあるとは思いますが、約半分ですよね。

来季の試合数も女子ツアー38試合の総額約43億に対し、男子は25試合で約32億とかなりの差がついています。米国ツアーや欧州ツアーでは、男子が試合数も賞金額も圧倒的に上ですけどね。日本では逆転現象が起きてますから、このような事情もプロゴルファーを志向する男女の差に、かなり影響しているのかもしれませんね。

日本男子ツアーは、来年日本初開催となる欧州ツアー「ISPS HANDA 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント!」(4月21~24日、茨城県・PGM石岡ゴルフクラブ)における日本選手の躍進によって、復活のきっかけをつかんでもらいたいですね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる