MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

東京オリンピック期間中に「ISPS HANDA WORLD INVITATIONAL」が北アイルランドで開催決定

昨年は、新型コロナウィルスのために中止になった、「ISPS HANDA WORLD INVITATIONAL presented by Modest! Golf Management」が、今年は無事に開催されることが発表されました。

しかも欧州男子ツアー、米国女子ツアー、欧州女子ツアーの3つの公認になりました。1昨年は欧州男子チャレンジツアーに、女子の大会を加えての開催でしたが、ステージのグレードが大きく上がりましたね。

この大会は2021年7月29日から8月1日という東京オリンピックの期間中に開催されます。1昨年の大会同様に、北アイルランドのGalgorm Spa & Golf Resortと、Massereene Golf Club の2つのコースを使い、男女それぞれ144人がエントリーするそうです。3日目からは男女60人に絞られ、最終日はさらに35人づつで行われます。

235万ドルの賞金は男女均等に分配され、レーストゥドバイやCMEグローブなどの各ツアーのポイントレースにも加算されます。ソルハイムカップのポイントにもカウントされるそうです。

また、昨年から始まったヨーロピアンツアーの2021年UKスイングの一環としても開催されるそうです。

北半球では、この形式の試合が欧州男子ツアー、米国女子ツアー、欧州女子ツアーの3団体で開催されるのは初めてになるそうです。南半球では、オーストラリアで開催されたISPS HANDA VIC・OPENがありますけど、いずれも国際スポーツ振興協会がスポンサードしていますね。

その国際スポーツ振興協会の半田晴久(深見東州さん)会長は、「ISPS HANDA WORLD INVITATIONALは、スポーツには地域社会を結びつけ、壁を取り払う力があるという私たちの信念を体現する大会であり、今回もタイトルスポンサーとして支援を続けられることを大変嬉しく思います。この大会がヨーロピアンツアーやLPGA公認の大会に成長したことは、男女に平等なプレーの機会を提供することの重要性を証明しています。トーナメントパートナーの皆様、モデスト!ゴルフ、ガルゴーム、ヨーロピアンツアーの皆様の献身的なご協力に感謝しています。」と語ったそうです。

そして、モデストゴルフというゴルフの管理会社を立ち上げ、若い選手の育成に力を注いできたナイル・ホーランは、「これは世界のプロゴルフにとって重要な瞬間です。ISPS HANDAとLPGAツアー、レディースヨーロピアンツアー、ヨーロピアンツアーの両方の協力を得て、ISPS HANDAワールドインビテーショナルを新たなレベルに引き上げ、世界中の新たな観客に届けることができることは間違いありません。」

「このトーナメントの背後にあるメッセージは、モデスト!ゴルフの機会を提供するという理念と完全に一致しています。ゴルフの理念である「ゴルフはすべての人のためのゲームであり、すべての人に機会を提供することを保証する」というメッセージとも完全に一致しています。これらは重要なメッセージであり、パートナーシップを最近結んだR&Aと共に、今後ともさらに発展させていく予定です。」

「私は、覚えている限りずっとヨーロピアンツアーのイベントに参加してきました。LPGAツアーとヨーロピアンツアーの共催イベントをアイルランド島で開催できることは、私に大きな誇りを与えてくれます。」と語っていました。

他にも、欧州男子ツアーCEOのキース・ペリー氏、米国女子ツアーコミッショナーのマイケル・ホワン氏、欧州女子ツアーCEOアレクサンドラ・アーマス氏、ダイアン・ドッズ経済大臣、北アイルランド観光局CEOなどが、歓迎と感謝の挨拶をしていました。

2019年の大会のダイジェストです。この時はコンサートも期間中の前後に何度か開催されていました。

なを、今回ツイッターやインスタグラムで紹介した動画や写真は、2020年1月、新型コロナが流行する前に撮られたものだそうです。去年の8月開催のためのローンチイベントの様子だそうです。それが、コロナの流行により、昨年は中止になりました。メッセージは、最近、オンラインなどで新たに公開されたもののようですけどね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる