MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

ミン・ウー・リー(ISPSアンバサダー)が、欧州男子ツアー初優勝

男女の賞金が同額で、同時開催された ISPS HANDA VICオープンが、終わりました。

男子は、ISPSアンバサダーのミンジーリー選手の弟で、同じくアンバサダーになっているミンウーリー選手が、見事に欧州男子ツアー初優勝を飾りました。

お姉さんのミンジー・リー選手も、とても嬉しそうですね。とても仲が良いそうですから。

ミン・ウー・リー選手は、これが欧州男子ツアー初優勝となりました。おめでとうございます。最終日は単独トップからでしたが、同じオーストラリアのライアン・フォックス選手が猛チャージをかけ64で回りましたので、最後は接戦のすえに振り切っての優勝となりました。

日本からは国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手がホストプロとして出場し、2度の予選カットを通過し、最終日まで残って健闘しましたけどね。最後は22位タイで終わりました。

お姉さんのミンジー・リーも、最終日に優勝争いを演じ、姉と弟の同時優勝のチャンスもあったと思いますけど、惜しくもトップと2打差の6位タイで終えました。

それで、女子の優勝は、韓国勢3人によるプレーオフになりました。本当は19歳の韓国の、世界ランキング34位のチョ・アエン選手が3日目終了時点で単独トップに立ち、このまま初優勝かと思われました。しかし、最終日に+9を叩くという大崩れをし優勝争いから後退しました。

最終的に、元世界ランキング1位のユ・ソヨン選手と、パク・ヒヨン選手、そして世界ランキング27位のチェ・ヘジン選手の3人によるプレーオフの末、プレーオフ4ホール目でパク・ヒヨン選手が優勝を決めました。

このパク・ヒヨン選手は、現在の世界ランキングは191位と、ここ数年はパッとしなかったようですけどね。米国ツアーでの優勝は、2013年以来3度目ということで、久しぶりの優勝となりました。

4位には、ナイル・ホーランがオーナーを務めるモデスト・ゴルフと契約しているアイルランドのレオナ・マグワイア選手が入りました。

日本の女子選手は、山口すず夏選手が健闘し、最終日まで残りましたけどね。最終日はかなりスコアが崩れてしまいました。期待の河本結選手は、惜しくも1打差足りずに予選落ちしました。

次週もオーストラリアで、ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープンが開催されますので、また、レポートしようと思います。それにしても、オーストラリアだけあって、いろんな動物たちがコースにいて可愛いですね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる