MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

アスリートの10年の栄誉を讃えた ISPS Handa Halberg Awards Decade Champion ceremony

ニュージーランドでは1963年以来、前年に最も活躍した自国のスポーツ選手やチームを讃えるハルバーグ・アワード(Halberg Awards)が、1960年まで開催されていた似た趣旨のイベントに代わり、毎年2月ごろ開催されてきました。

これは、からだに障害のある若いニュージーランド人がスポーツやレクリエーションに参加することで、生活を向上させることを目的にマレー・ハルバーグ卿が設立したハルバーグ財団が主催しています。そして、その資金調達イベントにもなっています。マレー・ハルバーグ卿自身は、1960年ローマオリンピック男子5000mのゴールドメダリストですね

このハルバーグ財団とのパートナーシップを2018年に結び、ハルバーグ・アワードの特別スポンサーになっているのが国際スポーツ振興協会になります。3月にずれ込みましたが、 今年もアスリートやセレブが集まって授賞式が盛大に開催され、スカイスポーツで生中継されていたようです。

ただ、昨年は新型コロナの蔓延により、世界的にスポーツ競技が十分に行われてきませんでしたよね。そこで2020年度の功績は2021年度に含めることとし、今年は過去10年間(2010-2019)における功績を讃えるセレモニーを行なっていました。

その最高賞であるハルバーグ・アワード・ディケイド・チャンピオン(Halberg Award Decade Champions)に選ばれたのは、ローイングのハミッシュ・ボンドとエリック・マレー選手でした。2012年と2016年のオリンピック2連覇、男子ペアと男子コックスドペアの2つのボートクラスでワールドベストタイムを獲得、8回の世界選手権を制し最多連続優勝記録を保持、ローイング界最高の栄誉となるトーマス・ケラー・メダル受賞など、2010年代に華々しい活躍をしていますね。

ちなみに、過去の各年代の10年間における最高賞受賞者は、1950年代のデイム・イヴェット・コーレット(旧姓ウィリアムズ、陸上競技)、1960年代のサー・ピーター・スネル(陸上競技)、1970年代のサー・ジョン・ウォーカー(陸上競技)、1980年代のサー・リチャード・ハドリー(クリケット)、1990年代のダニオン・ローダー(水泳)、2000年代のキャロリン・マイヤーとジョルジーナ・アール(旧姓エヴァース・スウィンデル、ボート)となっています。

さらに今回は、2010年代における最高賞を含む8つのカテゴリーなどで、9つの賞が表彰されました。

その一つ、スカイスポーツ・エマージング・タレント・アスリート・オブ・ザ・ディケイド(Sky Sport Emerging Talent Athlete of the Decade)に輝いたのは、国際スポーツ振興協会アンバサダーのリディア・コ選手でした。14歳という最年少でプロゴルフツアーに優勝し、15歳の時にはLPGAツアー最年少優勝を果たしていますからね。

そして、ISPS ハンダ・スポーツマン・オブ・ザ・ディケイド( ISPS Handa Sportsman of the Decade)には、オールブラックスの主将で、やはり国際スポーツ振興協会アンバサダーでもあるリッチーマコウ選手が選出されました。

これらの受賞者は、著名なアスリート、コーチ、行政官、スポーツメディアで構成された独立した投票機関によって、過去のカテゴリー別および最高位の受賞者で構成された最終候補者リストを検討し、選出されたそうです。

深見東州さんは、「ISPSが、Halberg Foundationとのパートナーシップを2021年も継続できることを嬉しく思います。スポーツには団結する力があり、障壁を取り除く力があります。ニュージーランドでは、1日、1年を通して、多くの個人やコミュニティにインスピレーションを与える活動が行われており、私たちは、”スポーツの力 “を最大限に引き出すためのハルバーグ財団の努力に拍手を送ります」と述べていたそうです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる