深見東州さんの絵画はなぜカラダによいのか

IMG_ART
深見東州さんのアート系の広告が新聞に掲載されていました。
毎年、ここに載っているようなアートカレンダーを発売されてますが、これは深見東州さんの描いた絵画を使ったものです。毎年購入していますが、毎年絵の質が上がっているなぁと感じますね。独創的な感性は昔からそうですが、色使いの絶妙な配色と鮮やかさにも特徴がありますが、それに加えて、つよーく惹きつけられる絵画が多くなりました。
美術評論家が推薦文を書いてますが、「”東州画”は、なぜカラダによいのか。深見さんの画面には、純度の高い空気が通っている。空気と空気の隙間を色や線が吹き抜け、独自な形象となって深い余韻を残す。壁にへばりついたような絵では、もう時代遅れだ。それには表現者自身が、真に自由を謳歌する人間でなければならない。さすらいの詩人や歌人や俳人のように。」ということです。
「自由なる心が何でも創造するルネッサンスマン!!」というタイトルにも、深見東州さんの芸術の精神が現れていますが、これまでの絵画や芸術作品をしっかりと学ばれながら、それに全くとらわれないオリジナルな作風を完成されてますね。完成といっても、まだ進化の途中なのかもしれませんけどね。
あと、蛇足ですが、ここに載ってる商品を全て購入した人にはもれなく「深見東州のギャグ888連発」がもらえるそうです。全部はさすがにハードル高そうですね。
でもこのギャグ集はいけます。本当に笑えます。初めて見るとかなり驚きますね。これを見るだけでも、深見東州さんは型にはまらない人だとわかります。また、妙なプライドやこだわりもなく、自由な心で次々とギャグも創作されているのだとわかりました。