池田勇太と今平周吾が激突、ISPSハンダマッチプレー選手権は明日準決勝

ハンダカップ

ISPSハンダマッチプレー選手権は、明日8日に準決勝が行われます。2016年の賞金王池田勇太選手対、今年、目下賞金ランキング1位の今平周吾選手が戦います。これは見ごたえのある試合になりそうですね。

今平選手は、ここまで快調に勝ち続けていますね。4回戦の金庚泰戦は、途中までかなり接戦だったようですけど、最後は振り切っていますね。池田勇太選手もさすが貫禄の勝利というのか、ここ一番でしっかりとショットを決めて勝ち上がっているようですね。

一方の準決勝は、タイ国勢同士の戦いになりました。去年は韓国の選手たちが上位に進出し、勝負強いい、緊迫した試合を見せてくれましたけど、今年はタイの選手たちが頑張っていますね。

クロンパ選手は、日本ツアーで活躍していますが、2年前のハンダグローバルカップでも、最終日優勝争いを演じていました。

もう一人のワナスリチャン選手は新鋭の選手で、2回戦で武藤選手、3回戦では好調の星野陸也選手を、4回戦では韓国系米国人の強豪スンス・ハン選手を、そして今日はオーストラリアのプランスドン選手を、いずれも18ホール以上の大激戦の末に破ってのベスト4進出です。今回のダークホースになっていますね。若いですし、勢いに乗って、ひょっとしたらひょっとするかもしれませんね。普段はとてもなかの良いという先輩選手を相手にどんなプレーをするのか注目されます。

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

プロアマ戦には、ジャンポ尾崎選手も、直道選手とともに出場したそうです。そして、深見東州(半田晴久)さんのことを、「本当なら人気の女子に行ってしまわれてもおかしくない。でも半田会長は、本当に男子ゴルフを認めて応援してくれるから。私も嬉しい」。さらに、「せっかく会長が、これだけ男子ゴルフを応援してくれるのだから。みんなも一人でもファンを増やせるように。明日からのプレーを期待しています」とも述べていたそうですね。

「プロのゴルフとは、見る価値があるかどうか。プロはアマチュアの参考になっちゃいけない。飛び抜けたところにいなくちゃいけない。みんな、プロのプライドを持って頑張ってもらいたい」とも述べていたそうです。ジャンボ尾崎さんだからこそ言える言葉ですね。

明日から「AbemaTV」にて、ライブネット配信。

9月8日(土)はスポーツチャンネルにて、10時から17時まで。決勝戦の9日(日)は、同10時から16時まで全生中継が予定されています。

ラウンドリポーターにはツアー9勝で、もっとも新しい優勝が02年の「日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯」という佐藤信人さん。また解説席にはツアー1勝の田島創志さんとともに、陸上・十種競技の元日本チャンピオン、武井壮さんが登場します。

8日(土)準決勝<こちらから
9日(日)決 勝<こちらから

ちひろ

深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。 それから数年、この人はただ者ではないとい...

プロフィール

関連記事を読む

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA