3大テノールが新たな音楽の歴史を作った

60年代のロックの隆盛にともない、クラシックはレコード業界からは袖にされてきたようです。しかし、バブロッティやドミンゴが出てきてスターダムに上がるにつれ、状況が変わったようです。
とくにバヴァロッティはブレスリンという敏腕マネージャーのはたらきもあって、オベラのスターからボップスターになったと言われていて、これは、オベラファンからはよく思われていないようですが、しかしブレスリンのPR戦術のおかげと、聴衆を強烈に引き付ける歌の魅力で、バヴァロッティは人気者となり、驚異的な成功を収めていきます。
また、バヴァロッティの代名詞のようになっている「誰も寝てはならない」は、1990年代にマドンナやエルトン・ジョンを抜いてチャートのトップに躍り出て、イギリスではアルバムがボン・ジョビを抜いてトップになったということです。この1曲で、ロックの大ヒット並みの旋風をおこしたそうです。
1970年代の前半からソロコンサートをカーネギーホールで成功させ、1990年代には野外コンサートと、それに合わせるようにクラシックのレコード業界が80年代の後半に動きが始まり、90年代には巨大な産業となったそうです。ここにきて、クラシックを取り巻く状況が、大きく変わったのでしょう。
映画やCMにオペラが使われ、人々に浸透していき、クラシックやそれ風なものを、人々は教養がありそうに見えるというので買い始め、とくにお金もあり力もある消費者グループには、上流階級の仲間入りを果たしましたので、音楽はクラシックをどうぞというメッセージを発信し、そのような新たな消費者層の出現が、巨大なマーケットを生んだようです。
3大テノールの大成功によって、ほかのクラシックの音楽家たちも金になるというので、業界の吸収合併の嵐も生んだそうです。そして3大テノールの公演は、1回ごとにケーブルテレビに売られ、ビデオ化され、何億ドルもの利益を生んだのでした。
そういう中でドミンゴの先見性は素晴らしいと思います。ドミンゴはすでに10数年前からその状況を予見していて、ケーブルテレビの天下になると言っていたそうです。そしてビデオディスクが普及するようになると、革命的になるとも言ったそうです。
劇場ならば最前列で見られてもわからないけど、カメラでクローズアップされた時、それに耐えられるかを考えていたのです。ドミンゴはオベラにも歌唱力以上のものが求められる時代だから、姿形もよければよいほどビデオも見てくれるようになると思ったそうです。そこで容姿を保つようにしようと決心したそうです。それは見事な予見でしたね。その通りになりましたから。
そして3大テノールには、クラシック業界や娯楽産業界だけでなく、何の関係もない企業も呼び込みました。メトロボリタン歌劇場の番組には、昔から長年スボンサーがいたようですが、それ以外の歌劇場の公演にも、いろいろな業界からの参入があったそうです。華やかなオペラからは大きな利益が得られ、芸術を支援することで企業のイメージも良くなり、公共にも貢献できるからだそうです。
もうひとつドミンゴのすばらしいところは、そうやってクラシックの大スターを超え、ボップカルチャーの大スターになっても、変わらずクラシック芸術に挑み続けてきたことでしょう。さらに歌劇場の芸術監督として、また若い歌手の発掘にも熱心で、どこまでもクラシック業界へ貢献してきましたからね。そこは深見東州さんにも通づるところがあるように思います。

ちひろ

深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。 それから数年、この人はただ者ではないとい...

プロフィール

関連記事を読む

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA