British Museum Captivating calligraphy

画家書家

2014年11月29日~12月1日に、ロンドンにある大英博物館のグレートコートにて、深見東州さんの書画古典『Captivating calligraphy』が開催されました。
そのときの写真など、こちらのサイトからご覧になれます。
Captivating calligraphy

 

こちらは大英博物館のイベントスケジュールからです。
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fwww.britishmuseum.org%2Fwhats_on%2Fevents_calendar%2Fevent_detail.aspx%3FeventId%3D1902%26title%3DCaptivating%20calligraphy%26eventType%3DDemonstration&anno=2

 

深見東州さんのデモンストレーションの写真は、このサイトがたくさん掲載しています
http://www.demotix.com/photo/6375693/captivating-calligraphy-demonstration-wows-visitors-british-museum

 

こちらは大英博物館のFace Bookでの紹介です
British MuseumSee works by distinguished Japanese calligrapher Haruhisa Handa today in the Great Court

 

See works by distinguished Japanese calligrapher Haruhisa Handa today in the Great Court http://t.co/hupOci1VZB pic.twitter.com/4bsrJlmh76

— British Museum (@britishmuseum) 2014, 12月 1

 

I would like to be @britishmuseum watching calligraphy master Haruhisa Handa live http://t.co/TzOIHllFzR pic.twitter.com/GW3RKBOv4c

— Remy (@DeanAuthor) 2014, 12月 1

 

Dr Haruhisa Handa, Patron of @ThePlaceLondon giving a calligraphy demonstration in the Great Court of @britishmuseum pic.twitter.com/fjYzWzA80A

— Kenneth Muyiwa Tharp (@KennethTharp) 2014, 11月 29

 

Calligraphy display at @britishmuseum by Dr Haruhisa Handa pic.twitter.com/fEHv5aVhEl

— Pauline Stobbs (@PaulineS86) 2014, 11月 30

 

HANDA.TVで、3月に開催された第15回深見東州バースディ個展「墨で個展個展、絵具で個展個展、見るのにてんてこ舞いの個展」、別名「深見東州 大英博物館凱旋個展」の開会式の様子が上映されていました。

大英博物館から依頼されて開催になったそうですが、ヨーロッパでは書のように、白と黒だけの芸術に関心が深いそうです。色のついた絵画はたくさんありますけど、このような書の作品は、あちらでは珍しいのでしょう。

といっても深見東州さんの絵画作品は,書以上に素晴らしいものですよね。今度は大英博物館でも絵画の個展があればいいですね。
まだ今年の作品を見てない方はHANDA.TVで全作品が見れますよ。

ちひろ

深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。 それから数年、この人はただ者ではないとい...

プロフィール

関連記事を読む

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA