今年の締めくくりは「医療従事者応援・ISPS HANDA ゴールデン・ミックス・トーナメント!!」が草津で開催

次週、11月9日・10日に開催される国際スポーツ振興協会主催「医療従事者応援・ISPS HANDA ゴールデン・ミックス・トーナメント!!」の組み合わせが、ISPSのサイトに掲載されていました。

かねてから男子レギュラー、女子レギュラー、男子シニアのミックスで行われると報道されていましたが、混合チームを作ってプレーするようですね。それぞれのカテゴリーから30数名、総勢107名の選手たちがバランスよく27チームに分かれてプレーするようです。

男子シニアで活躍する有名選手や、女子では国際スポーツ振興協会の酒井美紀選手も出場しますね。女子は一部シニア選手も含まれていました。先日の「ISPS HANDA コロナに喝!! チャリティーレギュラートーナメント」で優勝を飾った比嘉選手もエントリーしていたと聞きましたが、組み合わせ表には名前がなかったですね。

賞金総額は3000万で、賞金の10%は、医療機関へチャリティとして寄付されるそうです。賞金は個人の成績で決まると思いますが、チームとして上位になったところには、プラスして賞金がもらえるようです。

賞金がかかっているとはいえ、和気藹々とした楽しい雰囲気の試合になりそうな予感ですね。今回も、出場する選手とギャラリーには、美味しそうなお弁当が出るそうです。

そして焼き芋と、みかん、りんご、バナナの果物の食べ放題もありますね。さらに豚汁、ぜんざい、おでんの食べ放題まで用意されています。1日中過ごしても食べ物にはまったく不自由しないどころか、食べきれないでしょうね。

今年は、新型コロナの流行によって、プロゴルフツアーも大きなダメージを受けました。その窮状をみかねてコロナに負けじと、万全の感染症対策を打ち出し、次々と大会を主催してきた国際スポーツ振興協会ですが、さすがに今年はこれで終わりになるのではないかと思います。今年の秋は暖かい日も多いですが、そろそろ冬シーズンの時期になりますからね。

来年度は、通常でしたら米国女子ゴルフツアーがオーストラリアで、国際スポーツ振興協会冠大会の「ヴィクオープン」や「オーストラリアン女子オープン」を開催すると思いますが、欧米中心に新型コロナが依然拡大していますので、どうも見送りになる公算が高いようですね。

まだ、正式なスケジュールは発表されていませんけど、米国女子ツアーの開幕戦は遅くなるだろうと言われています。少しでも早く収束して欲しいですよね。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG