深見東州(半田晴久)さんのことがわかるサイト

深見東州 (半田晴久) さんの話題・最新情報

メニュー

どこまで知っていますか?深見東州 (半田晴久) さんの様々な活動のまとめ

2019年8月15日
339 views
ちひろ
こんにちは、ちひろです。
今回は何がなんだかわからなくなるほど、たくさんの活動をしている深見東州(半田晴久)さんの活動の、視覚的紹介にチャレンジしてみたいと思います
ちひろ
まずは、公式系のサイトから紹介します

 

深見東州(半田晴久)さんのメディア情報、芸術活動、学術活動、教育・福祉活動、スポーツの社会貢献、事業活動などの情報が掲載されています。
深見東州さんが行ってきたあらゆる芸術関係のことが網羅されています。過去に行われたイベントの詳細についても掲載されています。
深見東州さんの文芸や伝統芸能、ラジオ・テレビでの活動についてのホームページです。
NACK5で放送された深見東州さんのラジオ番組の公式サイト。DJロニさんと深見東州さんがパーソナリティを務め、2009年4月から2012年3月まで多彩なゲストを迎えて放送されました。
ラジオNIKKEI第一で放送された深見東州さんのラジオ番組の公式サイト。2015年10月から2019年1月まで放送されました。過去の放送内容を全て聞くことができます。(歌はカット)
2013年3月30日に開局したインターネットテレビ。深見東州(半田晴久)さんのさまざまな活動を編集した番組を簡単な登録で視聴できます。朝7時から24時まで放送中。

 

ちひろ
深見東州さんは国内と海外で、40年前から多くの会社を創業し、現在も十数社の会社経営に携わっています。
深見東州さんが代表取締役やオーナーとなる、主な国内外の会社を紹介します

 

株式会社ミスズ

深見東州さんが25歳(1978年)のときに設立した会社。当初は学習塾のほか、健康器具や食品、ホビーなども取り扱い、のちファッション時計の分野で草分け的な会社になります。現在はみすず学苑、HANDA Watch World、生活文化事業部の3つの部門に分かれています。

みすず学苑

ミスズの教育部門
株式会社ミスズの教育部門として大学進学塾のみすず学苑を、関東に10校舎運営しています。独特の電車広告やテレビCMで有名ですが、18年連続難関大学進学率9割突破という高い合格水準を保つ少数予備校としての実績を誇っています。

HANDA Watch World

ミスズの時計部門
株式会社ミスズの時計部門として、従来は主に低価格帯のゾーンを扱っていましたが、2015年末からはローエンドに加え、ミドル、ハイエンドな価格帯が中心となり、ジュエリーも扱うなど大きく路線を転換。輸入時計の卸売業とオンライン販売、直営ショップを国内に6店舗持っています。

たちばな出版

1987年に深見東州さんによって設立された出版社。現在はCD,DVDの製作販売、テレビ・ラジオ番組の製作、広告代理業、絵画・工芸品の販売なども行なっています。書店におけるユニークなキャンペーンがよく話題になります

TOSHU絵かきの店

たちばな出版の絵画部門
たちばな出版の絵画部門として、全国に3店舗展開。深見東州さんの絵画の原画を展示し、版画の販売、ほか深見東州さんの関連のファッション商品、陶磁器、食品、文具、コンサートグッズも扱っています。

菱法律経済政治研究所

1991年に深見東州さんが設立した中小企業向けの経営コンサルタント会社。いくつかのクラブに分かれてサービスを展開、会員向けのビジネスセミナーの開催や、経営アドバイス、また世界の頭脳をゲストに招き国際シンポジウムの開催などを行なっています。

ジャパンペガサスツアー

1982年に設立。海外旅行及び国内の各種団体旅行、個人手配旅行。ホールセラー。各種パッケージ商品の企画、販売を行っているそうです。

武蔵野メディカル

1992年に設立。調剤薬局「旭薬局」の店舗と通販サイトを運営。処方箋の調剤受付のほか、医薬品や医薬部外品、化粧品、健康食品、健康関連商品、雑貨の販売も行っています。

Jaermann & Stübi

ヤーマン&ストゥービはゴルフウォッチに特化したブスイス時計のブランド。2017年にCEOと親交が深い株式会社ミスズの傘下に。深見東州さんはオーナー社長(プレジデント)に就任しています。

海外の会社

オーストラリアや英国で、ホテルや旅行会社、ヨットのマリーナ、ホビー牧場などの会社を複数経営。また、海外の公益法人も多数設立し、欧米人の従業員数は60名を超えているそうです。

 

ちひろ
深見東州さんの活動は会社経営だけにとどまりません。この30年の間に、たくさんの公益法人を立ち上げて、社会をよりよくする活動を行ってきました。
その中でもメインと思われる6つの公益法人を紹介します

 

世界開発協力機構

総裁
2008年2月、東京都より特定非営利活動法人(NPO法人)の認可を受けた国際支援組織。世界で、教育環境の整備、経済的・社会的困難にある人々への救済援助、福祉・学術・教育等における支援や国際協力活動を幅広く行っています。不定期に開催される元米国大統領などの世界の要人を招いてのオピニオン・リーダーズ・サミットも話題になっています。

国際スポーツ振興協会

会長
スポーツは希望を生み出し、人々を動かし社会をより良く変革し、また人々を団結させて、地域社会に一体感をもたらす力があると信じ、スポーツの振興を行い、また社会福祉の支援や国際協力・国際親善となる活動を行なっています。プロゴルフや障害者ゴルフを中心に、ボウリング、アーチェリー、サッカーなど複数のスポーツを支援しています。

世界芸術文化振興協会

会長
1996年に設立され、1999年に東京都より特定非営利活動法人(NPO法人)の認証を受けました。国や人種の壁を越えて、東西の芸術文化の交流を促進し、社会福祉事業や、若い芸術家や音楽家の育成を目的に、能、オペラ、バレエ、京劇、絵画など幅広い分野に支援しています。

東京芸術財団

会長
2011年に東京一般財団法人として設立。既存の芸術の枠や既成概念にとらわれることなく、独自性の高い自由な発想で、新しい芸術文化を創生するために設立したそうです。コンサートなど、芸術文化活動を中心に社会福祉活動や国際協力親善の活動等も行なっています。

日本ブラインドゴルフ振興協会

名誉会長
ブラインドゴルフを通して視覚障害者を支援しています。深見東州さんが1988年に前身となる組織を発足し、2000年に非特定営利法人に認定されました。国内のブラインドゴルフの大会や、日本でのブラインドゴルフの振興のために活動しています。

ワールドメイト

代表・教組
1984年に前身となる組織を設立。2012年に宗教法人として認証。神道をベースにした宗教団体としての宗教活動と、人類愛にもとづく活動や社会貢献活動として、スポーツや芸術、福祉活動、国際協力などにも積極的に取り組んでいます。

 

ちひろ
この他にも深見東州さんは、まだまだたくさんの公益法人やメディアなどを設立しています。国内と海外の主なものを紹介します。

 

東京日本・ロシア協会

会長
NPO法人東京日本・ロシア協会は、日本・ロシア協会の東京支部のような位置付けで、ロシアと日本の共同によるホラアナライオンなどの学術研究の支援など行っています。

国際縄文学協会

会長
NPO法人国際縄文学協会は、縄文土器・土偶・勾玉・貝塚など縄文時代や縄文人の文化を紹介し、研究促進を目的とする考古学団体です

世界ブラインドゴルフ協会

総裁
深見東州さんが、世界各国のブラインドゴルフ協会に呼びかけて設立。国際スポーツ振興協会が支援し、世界大会や各国の大会をサポートしています。

インターナショナル・シントウ・ファウンデーション

代表
国連経済社会理事会(ECOSOC)認可NGO、国連広報局認可NGO 。神道の学術的・文化的研究を推進し、神道の理解を国際的に深めるために設立。

カンボジア大学

総長
プノンペン特別市に2003年に開学した私立大学。王立プノンペン大学などとともに、カンボジアのトップ3に評価される大学。

アジア・エコノミックフォーラム

チェアマン
アジアエコノミックフォーラムというシンクタンクを創設。2005年から2012年まで毎年アジアのトップリーダーが集まり、現状の改善や持続可能な発展に向けてフォーラムが開催されました。

アジア宗教対話開発協会

会長
2006年に深見東州さんが中心になって設立。アジアの宗教リーダーと政府関係者が対話し、貧困や紛争解決のための会議が行われています。

東南アジア英字新聞(SEA)

論説委員長
2006年にカンボジア政府情報省によるライセンスが付与されたカンボジア・ウィークリーの名称を変更し創刊された英字新聞です。

東南アジアテレビ局(SEATV)

解説委員長
深見東州さんは、東南アジアラジオ&テレビ局(SEA-TV)をカオ・キム・ホルン氏と共同創設しました。

東南アジアラジオ局(SEA-Radio)

解説委員長
深見東州さんは、東南アジアラジオ&テレビ局(SEA-TV)をカオ・キム・ホルン氏と共同創設しました。

 

 

ちひろ
そして、世界の貧困地区で、様々な社会福祉活動や教育の支援に取り組んできました。主な活動を紹介します

 

シアヌーク病院

カンボジア・プノンペン

ワールドメイトの資金提供と、カンボジア王国政府の土地提供により、1996年12月に開設され運営されきました。「ホープ・ワールドワイド」(キリスト教系国際チャリティー組織)が医療活動にあたり、内戦により医師や設備が極度に不足していたため、毎年、数千人以上の命がこの病院で救われたと言われています。カンボジアの医療技術の向上にも大きな貢献をしました。長い間24時間無料病院として共同運営していましたが、2015年からはホープに全て移譲しています。

ワールドメイト・エマージェンシー・ホスピタル

カンボジア・バッタンバン
バッタンバンでイタリアのNGOが運営していた外科病院エマージェンシー・ホスピタルを、深見東州さんが引き継ぐ決断をし、2012年3月からワールドメイトの資金によって運営しています。ここでも貧しい人に高度な無料診療を行っています。地雷による被害や交通事故の多い地域であり、重大な手術を含む年間14000人の外科治療や、年間6000人ものモバイル治療を無料で行なっています。

ハンダ・メディカル・センター

カンボジア・バッタンバン
2013年にハンダ・ファウンデーションによって設立。年間24000件の一般医療を行い、質の高い医療サービスの提供と、カンボジアの若い医師や看護師に職業訓練を行い、余剰収益を隣接するワールドメイト・エマージェンシー・ホスピタルで提供される無料医療の支援に使っています。ホスピタル・マネジメント・アジア2018で、2部門において優秀賞を受賞しました。

ワールドメイト未来の光孤児院

カンボジア・プノンペン
ヌオン・パリー女史が、内戦後の1993年にプノンペン郊外に設立した孤児院。深見東州さんは1996年から支援を始めました。300人近い孤児たちに、暖かい環境と衣食を与え、18歳になるまでコンピューターや英語の履修などの教育、教材、課外活動を提供し、孤児院を「卒業」した子供たちは、一般社会で就職したり、地方の学校に英語やコンピューターの教師として赴任したりしています。

クメール・ルージュ被害者のための救済基金

カンボジア
クメール・ルージュによって家族を虐殺された遺族たち3万軒に、約4億円の基金を寄付し、義援金とお米を渡すセレモニーを行いました。また、虐殺の体験の残すためにインタビューを行い、記録として保管したそうです。

カンボジア赤十字支援

カンボジア
カンボジアの赤十字活動を支援し、また、協力してカンボジア全土に衛生的な井戸を作るプロジェクトを推進しているそうです。

カンボジア小学校建設

カンボジア
カンボジアの内戦によって教育施設が破壊され、小学校が無い地域に、これまで40校ほどの校舎を建設し寄贈しています。

春蕾小学校130校建設

中国辺境地域
世界芸術文化振興協会を通じて、中国西部の最貧地域に、4億5千万をかけ130校の校舎と備品、蔵書、機材などを寄付しました。その地域ではいまだに100万人を超える子供たち、多くは女の子で義務教育も受けることができないそうです。

少数民族の女学生支援

中国辺境地域
中国全土の少数民族のうち30部族から集められた「春雷クラス」への支援を深見東州さんが引き継ぎ、高校と大学卒業まで支援をしました。他にも「春雷芸術クラス」への支援、敦煌の孤児の教育費の支援などを行いました。

小学校と職業訓練校を寄贈

アルバニア
深見東州さんは日本の民間団体としては初めて、2001年に当時ヨーロッパ最貧国と言われたアルバニアを支援しました。最貧地域のブトリントで近代的な小学校を、ジロカストロ市では職業訓練校を寄贈しました。またその地域の老朽化した病院を再建しました。

児童養護施設でのクリスマスチャリティ

日本
ワールドメイトは日本の孤児の3分の1にあたる、約200施設、12000人の孤児たちに、クリスマスの時期にクリスマスプレゼントを配っています。1999年から始まり、現在も続いています。

看護学校医療支援

ラオス
2010年に、世界開発協力機構は、看護学校と母子病院をラオスに建設しました。2013年からは、ハンダファウンデーションが、看護学校の生徒の教育向上のためのいくつかの支援をしています。

サムデック・フンセン・ハンダ・ナショナル・スカラーシップ

カンボジア大学
カンボジアの高校から成績優秀者を選び、奨学生としてカンボジア大学入学を許可し4年間の授業を負担するという、フンセン首相提案のスカラーシップを行いました。ごの制度のおかげで1500人の学生が学ぶことができたそうです。

身体障害とエイズ孤児を支援

カンボジア
深見東州さんは、カンボジアの15000人の孤児のうち10%が身体障害とエイズにかかっていることを聞き、「身体障害とエイズ孤児のための基金」を1億2000万で作り、政府と協力して救済するプロジェクトを行いました。

 

ちひろ
世界の貧困に苦しんでる地域で縁があったところから手を差し伸べられているようですね。それらの地域と比べると日本ははるかに豊かですが、日本では児童福祉活動を長年されています。
ちひろ
そんな福祉活動を支えてきたのが、深見東州さんが設立した公益法人の数々なんですが、2012年からは、ハンダ・ファウンデーションと、ワールドメイト・ファウンデーションが、その中心になってきています。深見東州さんによると、ワールドメイトが直接支援するものはワールドメイト・ファウンデーションが行い、他の宗教団体などからも支援が受けやすいハンダ・ファウンデーションとの2つが、海外の福祉活動の母体になっているそうです。ハンダ・ファウンデーションについて知りたい人は以下の海外サイトか、日本語の紹介ビデオを見てください。

 

 

 

ちひろ
カンボジアが大好きなアンジェリーナ・ジョリーも、この病院を訪れたことがあるそうです。

 

 

ちひろ
深見東州さんは世界中の様々な国際機関や有名大学、慈善団体などを支援し、協力して社会をよりよくする活動を行っています。

 

国連「文明の同盟」(UNAOC)

「文明の同盟(Alliance of Civilizations: UNAOC)」は2005年にコフィー・アナン国連事務総長によって提唱され、宗教的信条と伝統に対する相互尊重を推進し、あらゆる分野で強まる人類の相互依存を再確認する連合

国連「文明の同盟」と国際スポーツ振興協会が提携

文明の同盟は、教育や若者、メディアなどの分野で、西欧社会とイスラム社会との関係を強化し緊張と分裂の解消を推進する国連機関ですが、スポーツをその柱のひとつとして、同じような目的を持つ国際スポーツ振興協会と提携することになったようです。

列国議会同盟(IPU)

世界各国の議会による国際的な組織。1889年に設立され、世界の平和と協力および議会制民主主義の確立を目的に活動。147ヵ国の国会と7つの地域議会が加盟(2007年8月現在)

列国議会同盟(IPU)と世界開発協力機構が協定

主権国家の立法府の国際機関として最も権威ある列国議会同盟のアジアでの活動を支援し、若い議員を育成し女性議員を増やすために、2013年9月に協定締結。列国議会同盟にとっては初の民間組織との協定になりました。

SPORT AT THE SERVICE OF HUMANITY(Vatican)

バチカンのスポーツ局のようなところで、スポーツの持つ力(思いやり、尊敬、愛、啓発、喜び、バランス)を信じ、社会に信仰とスポーツの善なる価値を広げ、社会をよくするために結びつけ、素晴らしくしていこうとしています。

国際スポーツ振興協会がSPORT AT THE SERVICE OF HUMANITYのグローバルペイトロンに

2017年11月、SPORT AT THE SERVICE OF HUMANITYは、同じような価値観を持つ国際スポーツ振興協会を、初めてのグローバルペイトロンとして迎え入れました。

Pacific Forum CSIS

1975年に独立シンクタンク「パシフィック・フォーラム」として設立。その後ワシントンD.C.に本社を置く民間シンクタンク 戦略国際問題研究所(CSIS)に吸収合併され、政治的偏向のない外交政策研究機関としてそのアジア太平洋部門となりました。

世界開発協力機構が協力し、WSD半田フェローシップ・プログラムを設立

東アジアや欧州、北米の奨学生や専門家に対し、東アジアや日本に影響がある政治、経済、安全保障問題を堀り下げる場を提供しています。CSISヤングリーダーズ・フォーラムの会議開催を支援し、世界を舞台に活躍する若手育成を支援しています。

 

Stanford University

アメリカ合衆国カリフォルニア州スタンフォードに本部を置く私立大学で、英タイムズ紙の2018年世界大学ランキングでは世界第3位、またQS Top Universitiesにおいては世界第2位にランキングされる、世界有数のトップクラスの大学です。

人権と国際正義の為のスタンフォード大学WSD半田センターをサポート

デービッド・コーエン教授が設立したカリフォルニア大学パークレー校戦争犯罪研究センターを引き継ぐ形で、2013年スタンフォード大学内に「人権と国際正義の為のスタンフォード大学WSD半田センター」が設立され、世界開発協力機構が活動をサポートしています。また、スタンフォード大学とハンダ・ファウンデーションはパートナーシップを結んでいます。

University of St. Andrews

1413年創立、英語圏で三番目に古い歴史を持つスコットランドの大学。セント・アンドルーズ大学は卒業生・関係者・教員からノーベル賞受賞者5名を輩出しています。

セントアンドリュース大学のテロリズム・ポリティカルバイオレンス研究センターをサポート

1994年に設立されたヨーロッパ最古のテロリズム研究機関「テロリズム・ポリティカルバイオレンス研究センター」を、世界開発協力機構は2012年から10年間、研究、コースの開設などをサポートします。

London School of Hygiene and Tropical Medicine

1899年に創立され、国際保健と熱帯医学の分野で世界をリードする研究主体の大学院です。2008年のRAE調査に基づいたタイムズ紙の評価では、英国の優れた高等研究機関のトップ3に位置づけられ、2003年のQAAによる監査では最も高いスコアを与えられました。

ロンドン大学衛生熱帯医学大学院を支援

2015年から2023年まで8年間、世界開発協力機構は国際保健に関する講座を支援しています。学長のピーター・ピオット教授が担当教授で、ハンダ国際保険講座と命名されています。また、ハンダファウンデーションともパートナーシップを結び、ハンダ・グローバルスカラーズプログラムを開始しています。

University of Edinburgh

スコットランドのエジンバラにある、英語圏で6番目に古い歴史を持ち、QS世界大学ランキング2020では世界20位の世界トップクラスの研究大学。21名のノーベル賞受賞者がいます。

エディンバラ大学文学言語文化学部日本・中国関係学研究支援

University of Oxford

英語圏では最古の、世界有数の名門大学。27人の英国首相、30人以上の各国元首らがオックスフォード大学出身で、50人以上のノーベル賞受賞者、6人のイギリス国王、150人以上のオリンピックメダリストを輩出しています。

オックスフォード大学コーパスクリスティ・カレッジ 医学フェローシップ支援

Curtin University

カーティン大学は西オーストラリア州のパース市にあり、アジア地域で抜群の知名度を誇り、100カ国以上の国々から約17,000人もの留学生を受け入れる国際色豊かな大学として知られています。学問的な研究水準の高さはもちろん、産業界との強い結び付きを活かし、学問と実践を統合させた教育を提供しています

西オーストラリア州立カーテン大学に人権教育のチェア(講座)を開設

オーストラリアでは人権教育の国家レベルでの教育が遅れているため、オーストラリア初の試みになりました。南半球でも初のことでした。また、ハンダファウンデーションとカーテン大学は2014年からパートナーシップを結んでいます。

 

Sentebale

サンタバリーは2006年、英国のハリー王子とレソト王国のセーイソ王子によって、孤児や障害、HIV保有で苦しむ恵まれないレソト王国のこどもたちに医療と教育を提供するために発足しました。

サンタバリーへの支援

深見東州さんは2014年にレソト王国を訪れ、それ以降、世界開発協力機構や国際スポーツ振興協会でチャリティなどの支援活動を行なってきました。ハンダ・ファウンデーションもサンタバリーをサポートしています。

Tusk

Tuskは、アフリカの野生動物、特に絶滅の危機に瀕する動物たちを保護する目的で、様々なプロジェクトを1990年から行ない、高い評価を得ている団体です。またアフリカ全土にわたり、地域住民の教育にも多大な資金を投下しています。英国のウィリアム王子(ケンブリッジ公爵)がロイヤルペイトロンとなって、この活動の推進に尽力しています。

国際スポーツ振興協会がTuskとパートナーシップを開始

南アフリカでアフリカ象など野生動物の保護に関わっていた深見東州さんは、2016年9月からTuskとパートナーシップを結び、支援を始め、タイム・フォー・チェンジのイベントで、ウィリアム王子とともに野生生物の違法取引阻止を世界に訴えました。

UN Women for Peace Association (UNWFPA)

第2回女性に対する暴力を根絶するための三月行進を支援

2014年3月7日「平和を求める国連女性の会」主催、ナオミ・キャンベル、ジョン・マケイン上院議員夫人、スティング夫人、バン・ギムン国連事務総長夫人、ナシル・アル・ナセル大使夫人、ナシル・アル・ナセル大使(国連「文明の同盟」上級代表)などが参加したこのイベントを世界開発協力機構は支援しました

Nelson Mandela Children’s Fund(NMCF)

ネルソン・マンデラの大統領時代に、最初に作った最も大切にしてるファンドで、子供から22歳までの青年、特にAIDSによって孤児となった児童を救います。

ネルソン・マンデラ・チルドレンズ・ファンドを支援

ネルソン・マンデラ・チルドレンズ・ファンドは、最大で最先端医療の小児病院を南アフリカに作ろうとしていました(2017年に開業)。そのために「ザ・ネルソン・マンデラ チャンピオンシップ presented by ISPSハンダ」やWSD主催の深見東州チャリティ ディナーショーを通じて集まった寄付や収益を寄付しました。

Koffi Annan Foundation

2007年に国連の元事務総長であるコフィー・アナンによって設立され、より良いグローバルガバナンスを推進し、より公正で平和な世界を実現することを目的とした非営利団体です

コフィー・アナン財団との選挙プロセス健全化・共同イニシアチブ

世界開発協力機構は、2010年〜2013年にコフィ・アナン・ファウンデーションと共に、選挙プロセス正常化を主導し推進しました。

 

 

ちひろ
深見東州さんは世界中の様々なスポーツ組織とパートナーシップを結び、スポーツの力で社会をよりよくする活動を行っています。

 

インヴィクタスゲーム

英国
インヴィクタス・ゲームはハリー王子(サセックス公爵)が、病気や負傷・障害を抱える元軍人たちの回復とリハビリの促進、敬意を表すために創設した初の国際的なスポーツイベントです。国際スポ-ツ振興協会は第1回大会からサポートするパートナーです。

ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジア

オーストラリア
オーストラリアやニュージーランドなどで開催される男子プロゴルフツアーで、世界6大ゴルフツアーの一つです。2016年から国際スポーツ振興協会はパートナーシップを結び、このツアーを支援しています。

ニュージーランド・フットボール

ニュージーランド
ニュージーランドのサッカートップリーグであるプレミア・シップと、天皇杯に当たるチャタム・カップのタイトル・スポンサーとして、国際スポーツ振興協会は2016年からニュージーランドのサッカーをサポートしています。

ファイブズ・フットボール

南アフリカ
ケープタウンで最近開発された全天候型の狭い都会のスペースでも行えるフットボール競技を運営するファイブズ・フットボールを、国際スポーツ振興協会はサポートしています。南アフリカではフットボールに参加したいため、子供達が勉強し犯罪率が下がるなどの良い影響があるそうです。

 

ゴルフ

国際スポーツ振興協会は、世界の男女のトップ選手が出場するトーナメントから末端のミニツアーまで、また男女のジュニア世代からゴールド世代まで幅広く大会を主催し、スポンサードしてきました。ブラインドゴルフまで含めると年間60試合以上の冠大会を開催しているそうです。

障害者ゴルフ

国際スポーツ振興協会はブラインドゴルフの大会だけではなく、国内や海外で障害者ゴルフの大会も支援しています。また、2012年からは欧州PGAと協力してISPSハンダPGAアカデミー・プログラムを導入し、プロゴルファーが障害者ゴルファーに多くのレッスンができる仕組みを推進しています。

ボーリング

国際スポーツ振興協会は、2007年から男女のボーリングの公式戦をサポートしています。また女子シニアも支援しています。

アーチェリー

国際スポーツ振興協会は2012年から全日本アーチェリー連盟を支援しています。競技大会のスポンサードや代表選手の強化合宿や遠征の支援、小中学生のアーチェリー教室支援などを行っています。また、インヴィクタス・ゲームでもアーチェリー競技を支援しました。

 

ポロ競技

国際スポーツ振興協会は、ハリー王子がサンタバリーのチャリティのために開催するサンタバリー・ポロ・カップなどの、チャリティポロカップを支援しています。

漕艇(ROWING)

国際スポーツ振興協会は、2011年から英国のモレシー・ボートクラブを支援し、現地で障害を持つ大人や子供たちへの支援も行ってきました。また2013年からはロンドンの「国会議員ボート競技大会をサポートし、王立盲人協会などへの寄付を募る機会も提供してきました。

サッカー

2014年から南アフリカプレミアサッカーリーグのムプマランガ・ブラック・エイシスのメインパートナーになり、南アフリカの少年たちのエイズ撲滅教育も進めました。また、2017年からは東京ヴェルディの胸スポンサーを2年間務め、盛り上げました。

ウィルチェア・ラグビー

国際スポーツ振興協会は2019年から、英国のウィルチェアラグビーをサポートしています。

オリンピックチーム

国際スポーツ振興協会は2020年の東京オリンピックに向けて、ニュージーランドのオリンピックチーム委員会のチャリティパートナーになりました。

 

 

 

ちひろ
深見東州さんはスポーツの振興だけではありません。若い芸術家を育てたり、音楽や芸術を振興するための様々な取り組みも幅広く行っています。

 

高校生国際美術展

日本他、世界10数ヶ国
世界芸術文化振興協会が支援し、高校生に特化した無料で応募できる美術展を2000年から開催中。しがらみがなく作品のみで評価され、荒削りでも10代のキラリと光る才能を大切にし、国際交流の機会を早くから与えることで世界レベルの意識を持つ芸術家の育成を目指します。

ジュリアード音楽院声楽オーデション

日本・アメリカ
世界芸術文化振興協会とジュリアード音楽院の共催により、日本初のジュリアード音楽院一次試験を兼ねたオーデションが2010年から2015年まで開催。優秀者は、米国での2次試験を受ける資格が与えられ、その費用や奨学金も支給。ジュリアード教授による個別レッスンも行われました。

オーストラリアン・シンギング・コンペティション

オーストラリア
1982年から続くオーストラリアン・シンギング・コンペティションを、1998年から世界芸術文化振興協会がサポート。権威があるコンクールで、さまざまな奨学金や賞、キャリアの機会を提供する、若手の登竜門になっています。

オーストラリアン・オペラスタジオ

オーストラリア
才能ある若い歌手を世界の一流舞台で通用するよう、パフォーマンスを通して育てる世界で唯一の教育機関として、世界芸術文化振興協会とグレゴリー・ユーリシッチ氏が共同でパース市に2002年に開校。プラシド・ドミンゴが名誉総裁に就任しました。

東京大薪能

日本
世界芸術文化振興協会は、ユネスコの無形文化遺産で日本が世界に誇る伝統芸術「能楽」を、多くの人に親しんでもらい、次世代に継承されることを目的に、1998年より一流の薪能上演会を都民広場などで無料で開催しています。

東京国際コンサート

日本
世界芸術文化振興協会は、東京を世界一の文化都市にしたいという思いで、クラシック音楽の振興や国際交流を目的に、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、ルネ・フレミングなどの世界一流の声楽家を招きコンサートを開催しています。

IFAC オペラ

日本
深見東州さんは、人気の高いオペラを歌詞は原語のまま、時代背景や衣装、舞台美術や解釈を日本風に置き換え、オペラによる日本文化を発信する創造的なオペラを、主に世界芸術振興協会で主催し、11回開催してきました。うち8回のタイトルロールを演じました。

ハンダオペラ・オン・シドニーハーバー

オーストラリア
世界芸術文化振興協会は、2012年から毎年シドニーハーバー特設会場で公演されるオペラ・オーストラリアの野外オペラをサポートしています。オペラをもっと身近にとのスローガンで始まりましたが、シドニーで最も人気の高いイベントの一つになっています。

 

 

ちひろ
また、それ以外にも深見東州さんは、音楽や芸術の振興と自らの創作活動として、国内外で様々な芸術文化の活動を幅広く行っています。

 

声楽コンサート

深見東州さんは、声楽の振興や声楽家の育成のため、声楽コンサートを数多く開催し、また、自らも声楽歌手・ジャズ歌手・演歌歌手・シンガーソングライターとして、これまでに様々なジャンルを超えて、100回を超えるコンサートに出演してきました。また、指揮者としても何度かステージに立っています。

美術展

主に西洋画ですが、日本画から水墨画まで様々なスタイルと画材を使って、2018年現在3200点を超える作品を創作してきたそうです。毎年開催されるバースデー個展の他に、これまで中国や豪州、ニューヨーク、ロンドンでも個展を開催。また、美術を通して国際交流に取り組み、国内外で多くの美術祭の開催を支援してきました。

能楽公演

1996年に能楽師としてデビュー、1998年には宝生流嘱託免状を取得、師範免状ものちに取得。日本、中国、アメリカ、エジプトやカンボジアで能のシテを43番演じる傍、1500人の弟子も育成し、日本最大の宝生東州会の代表として能楽の普及に努め、古典伝統芸能を世界に発信してきました。

京劇公演

1999年に中国京劇の泰斗である王金璐氏を師とし、第四回国際京昆アマチュアテレビ大コンクール授賞大会では関羽役で、最も優秀な金龍賞を獲得しました。シドニーオペラハウスで中国の梅蘭芳京劇団を招いて公演を行い、中国や日本でも数回の京劇公演を行いました。

創作バレエ

ロシアからマイヤ・プリセツカヤを呼び、2度の創作バレエを開催し共演。能楽や華道、京劇とパレエの融合を試みたユニークな舞台を演出するなど、創作的なバレエを開催し、自身もバレエ・ダンサーとして1993年にデビュー。

劇団公演

明るすぎる劇団・東州を旗揚げし、団長として原作、脚本、音楽、演出を行ってきました。定期公演を開催しています。また、自らはパントマイマーとして、公演の中でギャグ満載のパフォーマンスを行なっています。

ファッションショー

2001年の社団法人日本デザイン文化協会主催のコンテストでデザイン画が5000展中2位に。同年、ファッションショーを東京で開催。また中国スーパーモデルファッションショーなどにも出展しています。

作曲家

作曲した楽曲は400を超え、キャッチーでポップな曲から管弦楽曲のようなクラシカルな曲まで多彩。演歌やブルース、ロックっぽい曲も。もっとも多いのはインストルメンタルで、美しい旋律のものからアップテンポの曲まで、演奏もピアノから、オーケストラによる壮大なものまでどれも聞き応えがあります。

小説家

ペンネーム戸渡阿見で短編小説を3冊刊行。劇作家としても活動中。また、小説以外にも人生論や宗教書、ビジネス、自己啓発、文化、ギャグ、コミック原作、美術評論や画集、写真集などで軽く200冊を超え、公演録CDは数え切れないほどのようです。井上ひさし氏の推挙で社団法人日本ペンクラブの会員にもなりました。

詩人・俳人

作詞家としても数々の曲を書き、俳句は18歳から始め、東州句会を主催し句会を行い句集と写真句集8冊を刊行。推薦で現代俳句協会の会員に。短歌は岡野弘彦氏に師事。また、自由詩の創作を行い、詩集や詩画集を6冊以上刊行。詩や短編小説を題材にした絵本も多数出版しました。

茶人・華人

茶道は江戸千家新柳派茶道の免状を、華道は嵯峨御流華道免状をいずれも1999年に取得。茶道に必要な道具や茶器も自身で製作するなど、陶芸作品も有します。2001年にスーパーメルヘンファンタスティック華展を開催し作品を披露。茶会も不定期に催しているようです。

書家

書は高校から嗜み、2001年の「現代書家の名品と平成の佐竹本三十六歌仙展」で、書の作品が大英図書館に永久収蔵。また、2016年に大英博物館主催で、書や水墨画の個展を開きパフォーマンスも行ないます。絵画の作品とともに、海外の個展にも出展。国内の個展でも毎年出品します。

 

ちひろ
以下のビデオを見ると、多彩な深見東州さんの一面が、さらによくわかるかと思います。

 

 

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

最近話題のHANDA Watch World(ハンダウォッチワールド)の記事

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

世界開発協力機構主催のサミットの記事

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

電車広告やテレビCMで話題のみすず学苑の記事

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

今週読まれている記事(毎週リセット)

  • 今週の人気記事